交感神経が優位に働くと、血管って一体、どうなるの?

交感神経って確か、自律神経の1つだったような気がする。もう1つは、なに神経だったかな?自律神経は体にも、血管にもいろいろと作用しています。交感神経が優位にはたらくと血管は一体、どのようになっているのだろう?逆に、交感神経が優位に働かず、休んでいる時の血管の状態とは??

自律神経とは

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

自律神経とは、

文字通り自律している神経になります。

私たちの意識とは関係なく勝手に働いている神経です。

言い換えれば、無意識に働いている神経です。

意識していませんから、動いていても、休んでいても、寝ていても、食べていても、生きている間は、動き続けている神経と言えます。

自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」の2つに分けられています。

理科や生物で習ったのではないでしょうか。覚えていますか?

この2つの神経は、シーソーのような関係にあります。

どちらかが優位に働いていると、もう一方はお休み中です。

交感神経が優位にバリバリ仕事中のときは、副交感神経は休憩室でのんびりしています。

逆に、副交感神経が優位にバリバリ仕事中のときは、交感神経は、のんびりお昼寝中といった感覚です。

交感神経

交感神経は、「活動神経」とも呼ばれています。

他にも、

  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

など優位に働いています。私たちが主に仕事をしたり、運動したりして、活動するのは、昼間になります。

そのため、交感神経は、昼間は、活動しているときに優位に働いています。

私は、交感神経は、ドキドキ神経と覚え、ジェットコースターに乗る前や、乗っている状態をイメージしています。

ジェットコースターに乗る前は、楽しみでドキドキします。順番待ちしていて自分の番が近づいてきて、さらにドキドキ。

ジェットコースターに乗って、動き出して、もっともっとドキドキしてきます。

副交感神経

副交感神経は、「休息神経」とも呼ばれています。

他にも、

  • 睡眠中
  • リラックスしているとき

に優位に働いています。

交感神経とは、反対です。

私たちは、通常、太陽が出たら起きて活動して、太陽が沈んだら休みます。

日中にお昼寝する人もいると思いますが、寝るのは、主に夜ですね。

副交感神経が優位に働くのは、体も心も休んでいる状態になります。

お昼寝でも、夜に寝ているときでも、同じことが言えますね。

私は、副交感神経をお昼寝しているイメージで覚えました。

布団でも、畳の上でも、車の中でも、どこであっても、お昼寝しているときは、のんびりしています。

副交感神経は、体も心もリラックスしているときに優位に働いています。

医療系の学校に行っている方は、試験勉強で覚えたと思います。

試験勉強は、範囲が広く、覚えるのが大変ですね。

交感神経は、活動、緊張、ストレスがあるときに優位になっていて、

副交感神経が、休息、睡眠、リラックスしているときに優位。と色々、暗記すると思います。

しかし、いざ、試験になると、緊張もあったりして、あれっ!?交感神経、副交感神経って、どっちがどっちの状態だったかな?

なんて、ふと疑問に思ったりもします。

そんなとき、どうします?

もっと詳しく、病態生理まで深く勉強して理解しとけば良かった、、、って後悔しても遅いですね。

落ち着いて、覚えたことを振り返りましょう。

そんなときにオススメなのが、文字数です。

例としては、交換神経(4文字)=ストレス(4文字)。副交感神経(5文字)=リラックス(5文字)。といった感じです。

少しバカっぽいと思うかもしれませんが、試験で間違うよりマシだと思います。せっかく覚えたのに、慌てて点数を落とすのは、もったいないです!

交感神経が優位なときの血管

交感神経が優位な身体の状態は、ジェットコースターをイメージしてください。

初めての人や、久しぶりの人はドキドキ、ワクワク、緊張や興奮していると思います。

身体の筋肉は緊張しています。

このとき、筋肉は収縮しています。筋肉を収縮させようと、その周囲の血管も、収縮しています。

脳の血管、筋肉の血管にと、優先的に血液を流そうと働きます。

血液量は変わりませんから、血管は急いで収縮させて、血液を早く流して血圧を上げようと急ピッチです。

一般的に、交感神経が優位になると、末梢血管の周りの筋肉である血管平滑筋(けっかんへいかつきん)が収縮し、血管は、固く細くなります。

末梢血管(まっしょうけっかん)とは、からだの皮膚表面から、体内の臓器の周囲まであらゆるところに伸びている細い血管です。

血管が、細く固くなると、血圧の上昇が起こります。

とくに、皮膚や消化器系、胃や腸の臓器の周りの血管は、交感神経の密度が高くなっています。

その分、交感神経の作用を受けやすくなっています。

交感神経が優位な長く続けば続くほど、ポンプの役割をしている心臓も疲れてきます、ダウンしてしまいます。

血管も細く固くなっているので、かかる圧が高く、ボロボロ疲労困憊の状態になってしまいます。

交感神経が優位な状態が長く続くことは、身体にとって、血管にとって良くありません。

副交感神経が優位なときの血管

周囲の血管が、「まあ筋肉さん、のんびりいこうや〜」とだら〜っと緩んでいる、弛緩していると、筋肉もぼーとリラックスします。

これは、副交感神経が優位な状態で、身体が休んでいるリラックスしている状態です。

末梢血管は、副交感神経が優位になると、末梢血管の周りの筋肉がゆるみ血管が柔らかく太くなり、血圧の低下をもたらします。

これは、身体にとって、血管にとっても休息できている状態で優しいです。

少しまとめますと、

交感神経が優位なときの末梢血管は、収縮する(ちぢむ)

→固くー細くー血圧上昇

副交感神経が優位なときの末梢血管は拡張する(ひろがる)

→柔らかくー太くー血圧低下

となります。

私たちは、仕事や、人間関係、不規則な食生活、スマホやパソコンのやりすぎ、睡眠不足、満員電車での通勤など、さまざまなストレスの中で生活しています。

とはいっても、仕事や人間関係をすぐに今日から変えることは難しいです。

思い切って転職といった方法もあると思いますが、それができない人もいると思います。

毎日、昼も夜も、ジェットコースターに乗っていては、本当に疲れ切ってしまいます。

それどころか、体調を崩して病気になってしまいます。

病気がひどいと、入院や自宅療養が必要になり、仕事も休まなければいけなくなるでしょう。

仕事を休めるうちは、まだしも、仕事を失う可能性も出てきます。

こうならないように、日頃からストレスとうまく付き合っていきましょう。

仕事の合間に、休憩時間に5分でも10分でも、お昼寝タイムが作れるといいんですけどね。

あなたの休憩時間を一度、考えてみましょう。

お昼寝して、少しでも脳も体も休めると、その後の仕事の効率もアップします♪

お昼寝が難しい人も、仕事が終わった後、家に帰った後、休みの日には、リラックスできる時間を多く取りましょう。

休める時にはしっかり休んで、身体を血管をいたわってあげましょう。

こちらの記事もご覧ください!

毎日の睡眠!副交感神経を優位にさせて、ぐっすり寝よう!