交感神経が優位になると、血圧や心拍数にどう影響するの?

健康ブームはまだまだ続きそうですね。誰でも毎日、健康的に過ごしたい気持ちがあります。交感神経が優位になると、私たちの体は一体、どうなるのでしょうか。血圧や心拍数は高くなるのか低くなるのか、一つ一つ見ていきましょう。適切な血圧や心拍数を維持出来るようにしていきましょう。

自律神経とは、

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

自律神経について、

説明できますか???

自律神経とは、2種類の神経から成り立っています。

1つ目は交感神経、2つ目は副交感神経です。

自律神経は、「自律」して働いている神経なので、私たちが意識的にコントロールするのが難しい神経になります。

言い換えれば、自律神経は、無意識に働いています。

無意識に動いてくれているので、夜寝ているときでも、勝手に働いてくれています。

そして自律神経は、血圧や心拍数にも関係しています。

交感神経とは、

交感神経は、活動神経とも呼ばれています。

私たちが、昼間、活動しているときに優位に働いています。

覚えやすいように、戦闘態勢のときや、オバケ屋敷に入ったとき、ジェットコースターに乗ったときなどにも例えられています。

副交感神経とは、

副交感神経は、休息神経とも呼ばれています。

私たちが、夜間、休んでいるときに優位に働いています。

覚えやすいように、のんびり昼寝しているときや、リラックスしているときなどに例えられています。

交感神経が優位とは

どういったときに交感神経が優位になるかというと、

  • 活動しているとき
  • 運動しているとき
  • 体が緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などです。

例えであったように、戦闘態勢のときや、オバケ屋敷に入ったとき、ジェットコースターに乗ったときなどですね。

戦闘態勢のとき、、、活動している、体は緊張している、もちろんストレスも感じているでしょう。

同じように、オバケ屋敷やジェットコースターもそうですね。

オバケ屋敷やジェットコースターに、慣れている人もいるでしょうが、それなりに緊張しているのではないでしょうか。

ほとんどの人が緊張状態だと思います。

体が活動しているときや緊張しているとき、ストレスを感じているときに交感神経は優位になっています。

副交感神経が優位とは

どういったときに副交感神経が優位になるかというと

  • 休息しているとき
  • 昼寝しているとき
  • リラックスしているとき

などです。

例えであったように、のんびり昼寝しているときや、リラックスしているときなどは、そのままですね。

ボオ〜っと広場でも畳でもベッドでも、寝転がっているのを想像してみてください。自然と体の力は抜けているでしょう。

ほとんどの人は、こういう状態のとき、体は緊張状態ではなく、のんびりゆる〜りをリラックスしています。

体が休息しているときやリラックスしているとき、過度のストレスを感じていていないときに副交感神経は優位になっています。

さてさて、交感神経や副交感神経が優位な状態の血圧や心拍数について、一つずつ見ていきましょう!

交感神経が優位な状態の血圧、心拍数

交感神経が優位になることで、血圧は上がります。心拍数も上がります。

なぜかというと、交感神経が優位になることで、心拍数が増えて、血管が収縮します。よって、血圧が上がります。

活動しているときや運動しているときは、血圧や心拍数は通常より高くなっています。

しかし、それを止めれば血圧や心拍数はまた通常に戻っていきます。

例えば、運動会の徒競走やリレーで走り終わった後は、心臓がドキドキして、呼吸数も早くなり心拍数も増えています。血圧も上がっています。

これらは運動によって交感神経が優位になったために起きています。

心拍数や呼吸数の増加、血圧の上昇も、一時的なものになります。

一時的なものなので、そのあと時間が過ぎていくと次第に、心臓のドキドキもおさまり、呼吸も落ち着き、心拍数も下がっていきます。血圧も下がっていきます。

そして厄介なことに、自律神経はストレスや緊張が関係しています。

これは、身体的なことだけでなく、精神的なことも関係していることを表しています。

そのため、ストレスが多い人や、緊張状態が長い人は、気をつけましょう。

その分、交感神経が優位な状態が長く続くわけですから、血圧や心拍数も高くなってしまいます。

副交感神経が優位な状態の血圧、心拍数

逆に副交感神経が優位になると、血圧は下がっていきます、心拍数も下がっていきます。

なぜかというと、副交感神経が優位になることで、血管は広がります。そうなることで血圧も心拍数も下がっていくのです。

前述したように、副交感神経が優位になるときというのは、体がリラックスしているときになります。

リラックスしている時間が長くなるほど、血圧や心拍数は低く抑えることができます。

血圧、心拍数を下げる3つの方法!

簡単に家で出来る、血圧や心拍数を下げる3つの方法を紹介します。

  1. 深呼吸
  2. ストレッチ

1、深呼吸

深呼吸、これがもっとも簡単にできて心拍数や血圧を上げる効果が高いです。

イライラしたり、緊張しているときの呼吸状態はどうなっているでしょう。

想像すると分かるように私たちは、小さく浅い、早い呼吸をしています。

人はリラックスすると呼吸は大きく深く、ゆっくりになります。1日の生活のなかで、あなたは呼吸を意識していますか?

言われてみれば、呼吸って意識しているようでしてないような気がしませんか?

深呼吸は初めは意識してするようにしてみてください。ヨガなども、呼吸を意識して深く大きくゆっくりしていますね。

リラックスの状態をつくるには、深呼吸が大切になります。

リラックスすることによって、副交感神経が優位に働き、心拍数が下がりますし、血圧も下がりやすくなります。

2、ストレッチ

ストレッチは簡単に家でも出来ます。

心拍数や血圧を下げてくれる効果も高いです。

ストレッチをすることで、筋肉が柔らかくなり、血行が良くなります。

職場で座っている時間が長いデスクワークの人にもオススメです。

最近、ストレッチしていますか?

家で、足を大きく広げてするストレッチもありますが、職場の椅子に座ったまま、ちょっとした休憩に足を伸ばしたり、腕を伸ばしたりするだけでも、効果があります。

嬉しいことに、ストレッチはストレス解消に効果があります。

職場高血圧、、、

ところで、「白衣高血圧」という言葉を聞いたことはありませんか?

白衣高血圧とは、病院の診療室などで普段よりも高い血圧が計測される現象と言われています。

病院の診療室って、なんだかドキドキしますよね。

自分の体のことだから、事実を知ることは大切なのは分かるけど、ときには、その事実を知るのが医師から伝えられるのが怖かったりもします。

医師や看護師の白衣を見て、普段より緊張したり興奮したりして、結果、普段より高い血圧や心拍数になってしまう。

この状況、体験したことがある人も多いと思います。

私は、子どもの頃、歯医者に行くのが嫌い、怖かったです。あの「キーン」という音を聞くだけでもドキドキしていました。

逃げ出したい気持ちでした。この状況も、一時的に心拍数や血圧が上がっていますね。。。

職場や日常生活でイライラやストレスを感じやすい、または感じていると思う方は、職場高血圧になっているかもしれません。

病院ではなくても、最近は、「職場高血圧」という言葉もあります。

職場高血圧は、職場などでのストレスによって、血管が収縮し、血圧が上昇します。職場以外ではストレスから解放され正常な血圧に戻るが、職場では血圧が上昇してしまうのです。

血圧の上昇に伴って、心拍数も上がっています。

職場で家にいるときのようにリラックスしましょうとは言えませんが、過度のストレスは体に血圧に良くありません。

あなたの職場で出来る範囲のリラックス方法を見つけていきましょう。

深呼吸を意識してしてみたり、ストレッチは簡単に今日からでも取り入れられます。

椅子に座りながらのストレッチやトイレに行ったときなどにストレッチをしてみましょう。

リラックスも出来るし、気分もスッキリすると思います。

ストレスや緊張を感じやすい人は、職場高血圧に注意しましょう。

こちらの記事もご覧ください!

交感神経が優位な状態ってそんなに良くないの?病気になるの?