交感神経が優位な状態ってそんなに良くないの?病気になるの?

交感神経、副交感神経って理科や生物で習ったような気がします。そうです。交感神経、副交感神経は、自律神経の種類になります。最近は、自律神経失調症という病気で悩んでいる人も多くなっているとか。自律神経のバランスを整えて、毎日を明るく楽しくしていきましょう!

自律神経とは

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

自律神経とは、私たちが生きていくために、無意識に働いている体と心の機能を調節してくれている神経です。

文字通り、「自律」している神経なので、意識して動かさなくても、勝手に動いています。

例えば、食べ物を食べる時、顎を動かして食べています。口の中で噛んでいるのは意識していますね。

でもその後、のどを通って、食道や胃、腸に入ると意識して消化しなくても自動的に消化して、栄養を吸収してくれます。

呼吸も寝ている時も自動的にしています。

運動すれば、汗が出て心拍数が上がります。運動が終わると、心拍数も下がり汗も引いてきます。

これは、自律神経が作用しているからです。

交感神経

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。

交感神経とは、

  • 活動している時
  • 運動している時
  • 緊張している時
  • ストレスを感じている時

などに、優位に働いています。ストレスに反応して働くので、厄介な神経ですね。

現代は、ストレス社会と言われているほどです。あなたは、どうですか?

今日、何かストレス感じましたか?おそらく、何かしら感じていると思います。

副交感神経

副交感神経とは、からだを休める神経です。

  • 休息している時
  • 回復している時
  • 寝ている時
  • リラックスしている時

などに優位に働いています。

交感神経と副交感神経はシーソーのようなバランス関係にあります。

一方が優位に働いているとき、もう一方は休んでいます。

現代に生きる私たちはストレス過多で、普段に何気に過ごしているだけでも交感神経が優位に働いてしまいます。

交感神経と病気

交感神経が優位に働き過ぎてしまうと、病気になってしまいます。

ずっと忙しく休む暇なく、体も心も働いていると、いずれ病気になると思いませんか?

夜更かし、夜勤、ストレスなどの、これは病気と関係ないだろうと思って日々過ごしていることが、病気の原因になっていることもあります。

ささいなことでも積み重ねや、組み合わせで、症状が出てきて病気になってしまいます。

自律神経失調症

交感神経が優位に働くことによって、自律神経が乱れて、さまざまな症状、病気になってしまう、自律神経失調症を聞いたことありますか。

自律神経失調症とは、自律神経(交感神経と副交感神経)のバランスが乱れることによって起こるさまざまな身体の不調をいいます。

内臓や臓器そのものは病気ではありませんので、病院でいろいろな検査をしても「異常なし」という結果を聞きます。

症状としては、

  • 頭痛
  • 耳鳴り
  • 目が疲れる
  • めまい
  • たちくらみ
  • 身体の冷え
  • のぼせ
  • 疲れやすい
  • 食欲がない
  • 眠れない
  • イライラする
  • すぐに悲しくなる

など、現れる症状は人それぞれ違います。

症状が1つの方もいれば、複数の方もいます。

上記以外の症状もありますので、千差万別、十人十色といった感じになります。

また、遺伝や体質、性格、ストレスの感受性によっても症状は異なると言われています。生まれつき自律神経の働きが乱れやすい人もいます。

例えば、

Aさんの場合、

  • 物事に楽観的である
  • 運動が好きで、よくジムに行く
  • 日中の仕事をしている

Bさんの場合、

  • 物事に悲観的である
  • 運動が苦手であまりしない
  • 夜勤のある仕事をしている

とします。

Aさん、Bさんのどちらが交感神経と副交感神経のバランスが整っていると思いますか?

答えは、Aさん!ですね。

3つの特徴しか挙げていませんが、Aさんの方が健康的に感じますね。

Aさんは、自律神経失調症になりにくい体質です。Bさんは、なりやすい体質です。

自律神経失調症と言われる病気を改善していくためには、または予防していくためには、交感神経と副交感神経のバランスを整えることが大切です。

優位に働いている交感神経を抑え、リラックス神経と言われる副交感神経が優位になるように意識していきましょう。

交感神経と副交感神経のスイッチがあるわけではありませんが、スムーズに副交感神経が優位に働くように切り替えていきましょう。

自律神経は遺伝や体質、性格が関係しているからといって、弱い人がみんな、病気になってしまう訳ではありません。

弱い人でも、病気になる人(症状が出てくる人)と、病気にならない人(症状がでない人)がいます。

また、仕事上、夜勤がある人もいると思います。夜勤は自律神経が弱い方には、不向きです。

私は以前、看護師をしていました。夜勤もしていました。

自律神経も弱い体質だと思っています。

そのため、夜勤が終わった後は、すぐに家に帰ってシャワーを浴びてベッドに入らないと、頭もガンガン、なんだか吐き気もしてきたり、めまいがしてきたりといろいろな症状が出ていました。

私だけかな?と思い、他の看護師の人と話してみました。結果は、人それぞれでした。

ほとんどの人は、夜勤後は家に帰って、休むとのことでした。

なかには自律神経が強い人、タフな人でしょうか。

夜勤後、「すぐに休まなくても1日くらいなら、寝なくても平気かな」という人もいました。これにはビックリしました。

夜勤は、本来、脳も体も休んでいる時間帯に、フルで活動しています。

これは、交感神経と副交感神経のバランスを乱してしまいます。

夜勤をされてる方は、その前後の過ごし方に十分に気をつけてくださいね。

もし、あなたの自律神経が弱くても、病気を引き起こさないように予防することができます。

症状が出ている人も、今からでも遅くありません!

交感神経、副交感神経のバランスが整うように生活を見直して、少しずつ取り組んでいきましょう!

副交感神経を優位にして病気を予防しよう!

交感神経、副交感神経のバランスが整うように、病気を引き起こさないように、何をすればいいの?と思いませんか?

前述したように、私たちは交感神経が優位に働いています。

その間は、副交感神経は抑制されています。そのため、バランスを整えていくには、逆に、考えましょう。

抑制されている副交感神経が優位になるようにすればいいのです。

副交感神経を優位にするには、

  • 休む、昼寝をする
  • 好きな音楽を聞いてリラックスする
  • お風呂にゆっくり浸かる
  • 半身浴をしてのんびりする
  • 好きな香りを嗅ぐ、アロマテラピー
  • 心にゆとりを持つ
  • 生活リズムを整える

などがあります。つまり、休息する、あなたがリラックスできることをすれば良いのです。

リラックスタイムで病気を予防する!

リラックスの仕方、リラックスタイムは人それぞれだと思います。

あなたのリラックスできることは何ですか?と聞かれた時に、すぐ答えられますか?

答えられた人は、副交感神経を優位にさせる方法を知っていると言えます。

まさか、タバコではないですよね?

タバコがリラックスタイムという人もいますが、体にも、周りの人にも良くありません。

タバコは「百害あって一利なし」と言われています。

タバコは、さまざまな病気を引き起こします。

禁煙、節煙、分煙をお願いします!

自分のリラックスタイムが何をしているときか、すぐに答えられなかった人もいると思います。

すぐに答えられなかったと言って、落ち込む必要はありません。

24時間のどこかしらで、リラックスしているはずです。それに気が付いていない人も多いのです。

何もせず、家でぼお〜っとTVを見ることもリラックスタイムになります。

副交感神経が優位になるように、体と心の休息時間を多く取れるように、生活を見直してみましょう。

生活習慣の見直しは、病気の予防につながります。

こちらの記事もご覧ください!

毎日の睡眠!副交感神経を優位にさせて、ぐっすり寝よう!