知ってますか?朝に交感神経が優位だと、脳が活性化すること!

シャッキっと起きて行動したいのに、体も頭もそうはいかずに、ボオ〜っと、だらだらした朝を過ごしていませんか?当てはまる方は、交感神経が優位になっていないのかもしれません。朝をうまく過ごせるかどうかで1日のリズムが違ってきたりします。朝は1日のなかで大切な時間です。

朝の過ごし方

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

あなたのはどんな朝ですか?

目覚ましの音や好きな音楽で心地よく目覚めてすがすがしい朝をお過ごしでしょうか?

それとも〜

目覚ましの音で目覚め、一回じゃ、起きられないとか。。。

スヌーズ機能を何度か使ってベッドから出るのは、布団から起き上がるのは5分後、10分後、30分後、もしくはそれ以上になっていませんか?

あくびをしながら洗面所に行き、洗顔やトイレを済まして台所へ向かう。

テレビをつけて朝食をむしゃむしゃ食べる。

朝ごはんを食べない人や食べる時間がない人は、とりあえずスーツや仕事着に着替えて仕事に行ったりしていると思います。

職場についても、頭はまだボオ〜としていて、お昼近くになってようやく、なんだか頭がさえてきたなんて人もいるでしょう。

これでは、1日がもったいないです。

「朝を制するものは1日を制す」なんて言葉もあるくらい、朝は1日のなかで大切な時間帯になります。

朝に、交感神経を優位にさせよう!

朝に頭がボオ〜っとして、なかなか起きれない人や、行動できない人は、副交感神経が優位になっている可能性が大です。

リラックス神経と呼ばれる副交感神経は、本来、太陽が沈む夕方頃から夜にかけて優位になってほしいところです。

寝る直前まで、テレビを見ていたり、ゲームやパソコンをしていたりしませんか?

スマホを触っているのも、副交感神経を優位にするにはよくないのです。

これらは、交感神経を優位にさせてしまいます。夜に、交感神経が優位になると、なかなか寝付けず、熟睡感も得られにくくなってしまいます。

夜に交感神経を優位にさせることは、睡眠不足を招いてしまうのです。

理想的な生活、自律神経のバランスは、

  1. 朝に交感神経を優位にする
  2. 夜に副交感神経を優位にする

ことになります。

朝は、活動の時間ですね。夜は休息、睡眠の時間になります。

このリズムが私たち人間には備わっています。

このリズムに逆らって行動していると、自律神経が乱れて、体や心にさまざまな不調が起きてきてしまうのです。

ホメオタシス?

ホメオタシス、恒常性という言葉を聞いたことがあると思います。

ホメオタシス、もしくは恒常性とは、「生物のもつ重要な性質のひとつで生体の内部や外部の環境因子の変化にかかわらず生体の状態が一定に保たれるという性質、あるいはその状態を指す」と言われています。

健康的に過ごすには、このホメオタシスに沿って過ごすのが一番です。

例えば、電気のないころは、太陽が昇ると人間は起きて活動していました。

私たち人間は、夜行性ではありません。朝、昼間に活動して夜に休むような体の仕組みになっています。

太陽が沈むと人間は休んでいました。

おそらく、電気のない時代に戻り生活し始めると、自然と朝には交感神経が優位になり、夜には副交感神経が優位になって自律神経のバランスが整ってくるでしょう。

しかし、現代社会に生きる私たちに「電気のない生活をして、交感神経と副交感神経のバランスを整えましょう!」なんて言ったとしても、さて実行できるでしょうか。

これは難しい、無理に近いと言えますね。

数日、数週間、実行できたとしても、死ぬまで永遠に電気のない、もちろんコンセントもない生活を選ぶ人はいないと思います。

そこで、今の私たちにできること、朝に自然と交感神経が優位になる方法を探して行った方が、朝の時間も、1日も、人生もうまくいくことでしょう。

交感神経を優位にさせる4つの方法!

朝に、交感神経を優位にすることが出来れば、テキパキ過ごせると思いませんか?

副交感神経が優位だと、

リラックス出来て良いのですが、テキパキ思うようにはいきませんね。

そこで、交感神経を優位にさせる簡単な方法を4つ紹介します。

  1. 朝日を浴びる
  2. ストレッチをする
  3. 意識して姿勢を正しくする
  4. 冷たい水で顔を洗う

1、朝日を浴びる

朝起きた時、カーテンを開けて朝日を浴びると目が一気に覚めることはありませんか?

太陽の光によって、体も心も刺激を受けて交感神経が優位にはたらき始めます。

また、昼間に太陽の光を浴びることで体内リズムも整えることが出来るので、不規則な生活を改善することができます。

交感神経を優位にするために、朝、起きたら、まずカーテンを開けましょう!

部屋も明るくなって、気分もスッキリします。

窓を開けて新鮮な空気を取り込むのも良いですね!

2、ストレッチをする

朝起きたら、ストレッチをしてみましょう!

ストレッチというと、屈伸運動や開脚運動を思い浮かべるかもしれませんが、ごろんと寝転がったままでも出来ます。

時間のないときや、冬場で寒いときは、布団の中で、背伸びをしてみたり、体をひねってみたり、手首や足首をぐるぐる回すだけでも効果があります。

体にも心にも、気持ち良い目覚めを毎日迎えたいものですね。

朝ストレッチのメリット!

  • 代謝が上がる
  • 自律神経が整う
  • 集中力が向上する
  • 目覚めやすくなる

など、さまざまなメリットが考えられます。

朝ストレッチで、血流が良くなります。

よって、代謝も上がります。冷え症の方には特に、オススメします。

冬場は布団から、出るのが億劫ですよね。朝ストレッチをして、交感神経を優位にさせて、代謝も気分も上げていきましょう!

ストレッチをするときには、深呼吸を意識してみてください。

眠いままの状態でも試してみましょう。

体を少しでも動かして、ゆっくり呼吸することで、快適な目覚め、朝を迎えることができるでしょう。

仕事の集中力もアップのためにも、朝ストレッチ、少しの運動で、脳を活性化させましょう。

3、意識して姿勢を正しくする

気持ち良い1日をスタートさせるためには、朝の過ごし方が重要です。

頭がボオ〜っとしているとき、気分が悪いとき、寒いときなど、いつの間にか姿勢が悪くなっていたり、猫背になっていたりしませんか?

姿勢が悪いときは、交感神経が優位になっていません。

反対に、姿勢を正しくすると背骨が刺激されて、交感神経が優位になり、脳も活性化できます。

朝に、交感神経が優位に働くと、仕事の効率もアップして、思考もポジティブになって、良い1日が過ごせると思いませんか?

夕方、夜には疲れもあり、姿勢が悪くなりがちですね。

せめて朝は、姿勢をよく出来るように意識してみませんか?

4、冷たい水で顔を洗う

あなたは、朝、起きて洗顔、いつしていますか?

朝起きて、すぐに洗顔していますか?それとも眠いまま、顔も洗わず、だらだら〜ゆっくり〜過ごしていませんか?

休日ののんびりしたい朝とは違い、平日テキパキと行動したい朝は、洗顔は朝起きてすぐ、なるべく早くするようにしましょう。

冷たい水で顔を洗うと、冷水で皮膚が刺激されて気分もスッキリします。

冬場は、最初から冷たい水で顔を洗うのは、手も顔も冷たく感じてしまいます。それが気持ち良いと感じる人は、出来ますが、苦手な人もいます。

苦手な人は、洗顔のはじめは、温かい温度の水、ぬるま湯を使い、最後に、冷たい水を1回、2回ほどパシャパシャと顔につけても構いません。

洗顔の最後に冷たい水でパシャパシャと洗うことで、毛穴の引き締め効果も期待できます。

気持ちの良い朝、目覚めのためにも、洗顔には、冷水をつかってみましょう。

朝をテキパキ過ごして充実した1日に!

朝は1日のうちで大切な時間になります。

朝に、交感神経を優位にすることは、生活リズムもホメオタシスも自律神経のバランスも整えることが出来ます。

スッキリ、テキパキした朝を過ごし、心も体も充実した1日をお過ごし下さい!

こちらの記事もご覧ください!

毎日の睡眠!副交感神経を優位にさせて、ぐっすり寝よう!