下痢の原因がわからない時は交感神経が優位の可能性あり

腹痛を伴う下痢、何かものを食べた後の下痢、水のような下痢、止まらない下痢など下痢の種類は人によって様々。整腸剤を飲んだり、下痢止めを飲んでも効果がなかったり、原因が分からない時もあるでしょう。そんなときは交感神経や副交感神経が優位になりすぎているのかもしれません。

下痢とは

あなたも一度は下痢を経験したことがあると思います。

お腹がグルグルと鳴ったり、痛かったりします。

下痢とは、「健康時の便と比較して、非常に緩いゲル(粥)状・若しくは液体状の便が出る状態である」と言われています。

下痢の形状にも、軟便(なんべん)、泥状便(でいじょうべん)、水様便(すいようべん)などがあります。

私たりは食事をすると、胃や十二指腸では、食べ物を細かくする消化が行われます。

口からは、飲み水や食事に含まれる水分を合わせて約3L、それを消化するための胃液や胆汁などの消化液を約6Lとし、それらを合わせると、約9Lにもなる水分が毎日腸に流れ込みます。

小腸では、食べ物の栄養と、体内に流れ込む約9Lの水分のうち約7L が吸収されています。

そして、大腸に届く頃には残り約2Lとなっていますが、それでもまだ便とはいえない、水のような状態です。

大腸で残りの約2Lの水分も吸収され、水分の99%が体内で吸収された結果、便が形作られ外に排出されます。

健康な便は、水分が60%から70%ほどと言われています。これより水分が増えると便が柔らかくなり軟便、水分が90%を超えると下痢となります。

さらに下痢を起こすと便に含まれる水分量が多いだけではなく、トイレに行く回数も増えます。

下痢の種類

下痢には大きく2種類あります。

1、急性の下痢

1日に数回から数10回にわたって便意をもよおすものまであります。

しかし、急性の下痢の場合は、2週間以内で治まるものがほとんどになっています。

また、食中毒などによる感染性の下痢と食べ過ぎや飲み過ぎといった暴飲暴食などによる非感染性の下痢に分かれます。

以下にまとめますと、

  • 暴飲暴食をしたとき
  • 身体にアレルギーがあるものを食べたとき
  • アルコールをたくさん飲んだとき
  • 牛乳を飲んだとき
  • 生肉や生貝を食べたとき
  • 加熱されていない食品を食べたとき
  • 身体が急に冷えたとき
  • 薬によるもの

などが挙げられます。これらは、水分の吸収が追いつかなかったり、身体が異物だと反応して早く外に出そうと働きことから、下痢が起きています。

何度かトイレに行き、安静にしておくと治る下痢は、そう心配しなくても良いですが、なかなか下痢が治らない場合は、病院を受診するようにしましょう。

2、慢性の下痢

慢性の下痢は、1日に数回程度でも3週間以上続くものとなっています。

慢性の下痢は、病気や薬が関係してる場合と生活習慣やストレス、自律神経の乱れが原因となっている場合があります。

以下にまとめますと、

  • ストレスによるもの
  • 過敏性腸症候群
  • 海洋性大腸炎やクローン病などの炎症性の腸疾患
  • 慢性膵炎
  • 大腸ガン

などが挙げられます。

一口に下痢といっても原因は人それぞれ違います。

急性の下痢だと思っても、慢性の下痢だと思っても、治らない場合や腹痛がひどい場合、便の色が普段と違うときは病院を受診しましょう。

病院で検査をして、胃や腸の消化器官に異常がなかったという人もいるでしょう。

下痢が続き、食欲もない、お腹も痛い、食事も楽しくないなど、不愉快な思いを抱えながら、やっと病院に行ったのに、異常なしと言われた。

胃カメラや腸カメラ、血液検査などの検査をしても実際に異常はなかった。整腸剤を飲んでも効果なく、下痢や便秘を繰り返し、腹痛もある。。。なぜだろう?

その場合は、ストレスや生活習慣の乱れ、自律神経の乱れが関係していることが多いです。

自律神経とは

自律神経は、交感神経と副交感神経から成り立っています。

自律神経は、循環器、消化器、呼吸器などの活動を調整するために、24時間、働き続けている神経になります。

私たちが生きている間、休みなく働き続けています。文字通り、「自律」している神経のため、意図的にコントロールすることが難しいのです。

例えば、食べたものを今日は1時間くらいで胃で消化して、2時間後には腸に届くようにしようと計算して、実際に出来る人は、そういないでしょう。

交感神経と副交感神経は、シーソーのような関係にあり、一方が働いていると、もう一方は休んでいる状態になります。

自律神経は、下痢や便秘などの腸の働きやストレス、生活習慣に大きく関係しています。

交感神経が優位だと

交感神経は、活動神経とも呼ばれています。

交感神経は、主に日中、

  • 活動しているとき
  • 興奮しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに、優位に働いています。

私たちは日中行動しているとき、仕事や勉強しているとき、ストレスを感じているときに交感神経が優位になっています。

交感神経が優位な状態が長く続くと身体も心も、疲労困憊してしまいます。

交感神経は感情面に左右されるストレスも関係していますので、仕事や人間関係などでストレス過多を感じている人は気を付けましょう。

*交感神経が優位になると、胃腸の働きは抑制されます。尿や便を外に出さないように働きます。そのため、便秘傾向になります。

副交感神経が優位だと

副交感神経は、リラックス神経とも呼ばれています。

副交感神経は、

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • リラックスしているとき

などに、優位に働いています。

私たちが夜間、休息しているとき、身体が回復しているとき、リラックスしているときに副交感神経が優位になっています。

副交感神経が優位な状態が長く続くと身体も心も、活力を失い、活動量が減り、うつ傾向になる場合もあります。

こちらも感情面のリラックスしているときが関係しているので、気持ちの切り替えがスムーズな人、ストレスが少ない人は、、副交感神経は優位に働いていると言えます。

*副交感神経が優位になると、胃腸の働きは促進されます。尿や便を外に出そうと働きます。そのため、下痢傾向になります。

交感神経、副交感神経のバランスが崩れると、自律神経が乱れ、便秘や下痢を含む胃腸障害が起きてきます。自律神経失調症という病気にもなりやすくなります。

自律神経失調症

下痢や便秘も自律神経失調症のおもな症状の一つです。

どちらかといえば便秘になる人の方が比較的多いようですが、下痢になる人もいます。症状は人によってさまざまです。

便秘になったり下痢になったりという人はさらに注意が必要です。

自律神経の乱れからくる下痢は、症状自体に特徴があるというよりは、症状の出る「タイミング」や「あらわれ方」に特徴があります。

例えば、

  • ある特定のタイミングに下痢になる、吐き気がする
  • 食後に胃の調子がおかしい、ムカムカする
  • あんまり食欲がない
  • 下痢になったり便秘になったりを繰り返している

などが挙げられます。

他にも、月曜日の朝になると下痢になってトイレに入っている時間が長いけれど、金曜日の夜や土曜日はぜか下痢にならない。

あの人(上司や同僚、取引先、ママ友など)と会わなければいけない日や前日には下痢になってしまう。

このように、特定のタイミングや特定の状況になると下痢になる、という場合は、自律神経の乱れからきている下痢の症状の特徴と考えられます。

〜下痢から解放されるために〜

下痢は、本当に本人にとって辛い症状でしょう。我慢できる下痢ならまだしも、漏らしてしまう人もいるでしょう。

下痢には人生を一瞬にして終わらせるような勢いがあると言っても過言ではないでしょう。

病院や自宅でなら分かりますが、公共の場でとなると、これは想像を超えるほど恥ずかしい思いをしてしまいます。

実際に、出勤途中の電車やバスの中で下痢に襲われると、かなり焦ると思います。

原因の分からない下痢から解放されるためには、

まずは、自律神経を整えるようにしましょう。

慢性の下痢の場合は、時間がかかりますが、自律神経が整ってくると、徐々に治ってくるようになります。

具体的には、

  • 動くときは動いて休むときは休む
  • ストレスを溜めすぎない
  • 質の良い睡眠を取る
  • 運動を週1回でもしてみる
  • ゆっくり入浴する

など、生活習慣を全体的に整えていくことで、自律神経も整っていきます。

交感神経、副交感神経のどちらが優位であっても下痢や便秘になってしまいます。バランスを整えていきましょう。

諦めたくなったりすることもあると思いますが、必ず治ることを信じて、出来ることから取り組んでいきましょう!

こちらの記事もご覧ください!

副交感神経を優位にしてリラックス〜おすすめのツボはここ!