副交感神経を優位にしてリラックス〜おすすめのツボはここ!

最近ゆっくりリラックス出来ていますか?自律神経は乱れていませんか?交感神経が優位になりすぎていると、いつも緊張状態、ストレス状態、心身ともに活動状態でいつかは、体も心もダウンしてしまいます。そうならないためにも、ツボ押しで副交感神経を優位にさせましょう!

自律神経とは

こんにちは!看護師兼よもぎ蒸しアドバイザーの市子(@Ichiko07399260)です。

自律神経とは、

交感神経と副交感神経から成り立っています。

文字通り「自律」している神経になります。

自律の意味は、「他からの支配や制約を受けずに、自分自身で建てた規範に従って行動すること」となっています。

あなたが何も意識しなくても勝手に動いてくれている神経になります。

自律神経は、朝も昼も夜も、生きている間はずっと勝手に動いています。

循環器、消化器、呼吸器などの活動を調節するために、24時間働き続けています。

交感神経とは

交感神経とは、活動しているときに優位に働いている神経になります。

「闘争と逃走の神経」とも呼ばれています。私たちが活発に動いているときに優位に働きます。

  • 活動しているとき
  • 緊張しているとき
  • ストレスを感じているとき

などに優位に働いています。活動しているときや緊張しているときだけなら良いのですが、交感神経にはストレスも関係しています。

ストレスとは、人間関係や親戚関係、仕事、通勤、生活費や養育費、ローンなどの金銭問題、引越し、近所付き合いなど人によって違ってきます。

現代はストレス社会とも言われるほど、ストレスは私たちの生活に身近な存在になっています。

そのためストレス過多の人は要注意です。仕事でも家庭でもストレスがある人は、交感神経が優位になりやすい状態にあります。

交感神経が優位な時間が長いと考えられます。

副交感神経とは

副交感神経とは、休息しているときに優位に働いている神経になります。

「リラックス神経」とも呼ばれています。

私たちがのんびり休憩しているとき、休んでいるときに優位に働きます。

  • 休息しているとき
  • 回復しているとき
  • 睡眠中
  • リラックスを感じているとき

などに優位に働いています。休息しているときや睡眠中などに働くほか、リラックスしているときという感情面、精神面も大きく関係しています。

ストレスが人によって違うように、リラックスの仕方も人によって違ってきます。

〜リラックスの仕方〜さまざま〜

  1. Aさんの場合、カモミールティーやジャスミンティーをゆっくり飲む
  2. Bさんの場合、好きな音楽を目を閉じて聞く
  3. Cさんの場合、ストレッチをする

という風に、人によって違います。

しかし、どれも本人が好きなことをしている時という共通点があります。

副交感神経を優位にするために、リラックスタイムを多く取るようにしましょう。

平日8時間、仕事をしているなら、8時間、リラックスタイムを過ごすのが同じバランスで理想的ですが、現実はそうもいかないでしょう。

平日は仕事でバタバタと1日が過ぎていってしまう人は、週末の過ごし方を考えてみましょう。

週末にゆっくりリラックス出来ていますか?

交感神経が優位になると

いつも動いていて、緊張していて、ストレスを長く感じている心や体は健康的とは言えません。

交感神経が優位だと、

心臓もバクバク心拍数が早く、ドキドキ緊張状態、イライラのストレスもあり、家に帰っても落ち着くことが出来ず、いろいろ心配事や不安で質の良い睡眠が得られない、、、。

こんな状態が長く続くと、心も体もいつかはダウンしてしまいます。

考えてみてください。

1日、2日の睡眠不足ならまだしも、1週間、2週間と眠れない日々が続いたとしたら、、、

毎日楽しくないでしょうし、体のどこかに、日常生活に何かしら問題が起きているでしょう。

交感神経が優位な状態は、自律神経の乱れを招き、自律神経失調症、不安神経症、うつ、胃腸疾患、頭痛などと心にも体にも支障をきたしてしまいます。

爪もみでツボを刺激しよう!

爪もみは有名ですね。爪もみ健康法など流行っています。まず、爪もみとは何かについて説明します。

これは、爪の生え際の角にある近くツボを刺激する健康法になります。

このツボを刺激することによって、副交感神経を活性化させることが出来ます。

現代社会の生活スタイルやリズムの中では、自律神経のバランスはどうしても交感神経が優位になりがちです。

ストレス社会とまでも言われていますし。

しかし、爪もみによるツボ刺激を生活の中に取り入れれば、これによって自律神経のバランスが整い、ストレスの緩和や癒し、リラクゼーションに大いに役立つことが期待できます。

しかも、爪もみによるツボ刺激は、癒し、リラクゼーション効果やストレス緩和効果だけでなく身体面への健康にも大変、効果があります。

〜爪もみによるツボ刺激の効果〜

  • 親指のツボ:肺などの呼吸器系の
  • 人差し指のツボ:胃腸などの消化器系
  • 中指のツボ:耳の症状
  • 薬指のツボ:もまない(交感神経を刺激するため)
  • 小指のツボ:心臓や腎臓などの循環器系

ツボ刺激で、副交感神経が活性化させて体の免疫力が高まり、さまざまな器官の健康効果が期待できます。

爪もみによるツボ刺激は、心と体の両方の健康に貢献してくれます。

さらに嬉しいことに簡単、お手軽で、お金もかからず、場所を選ばずどこでも出来るおすすめの健康法です。

ただ継続して続けなければなりません。

1日、2日のツボ刺激では、症状改善まではいかないでしょう。ツボ刺激で効果を得るには、ある程度の継続に関する根気が必要になってきます。

爪もみツボ刺激のやり方

手の指の爪の生え際の両脇を、親指と人差し指で挟むようにして、もむように刺激します。

親指、人差し指、中指、小指の4本を順にもみます。

指先から指をもむ順番は特にありませんので、もみやすい指から順番にもんで下さい。

薬指のツボは交感神経を刺激するという効果がありますので「癒し、リラックス」を目的とする場合は基本的にもまないほうが良いです。

各ツボを刺激する力加減は、自分で行ってみて、「気持ちいい〜」と感じる力で刺激しましょう。

その際、力加減があまりに弱いと効果がありませんので、かなり強めにもんで下さい。

ただし、注意です!血が出るほど力を入れるのは、限度を超えています。

やり過ぎですので、あくまでも「痛気持ちいい〜」程度に加減を調整して下さい。

ギュ〜ギュ〜ギュ〜と断続的にツボを刺激しても、ギュッ〜と10秒くらい、押さえ続けるように刺激しても、もみ方に関しては、どちらでも構いません。

ツボを押さえたまま、左右にぶらぶらと指を振ったりするのも効果的になります。各指につき、20秒程もんで下さい。

これを1日に2〜3回行います。それ以上はやり過ぎになります。

爪もみによるツボ刺激の効果には個人差が大きいと言われていますので、始めたその日や翌日に効果を実感する人もありますが、やれどやれど効果をなかなか感じない人もいます。

その際は、ついつい回数を増やしたくなったり、ツボ刺激の力をより強くしたくなりますが、それは避けましょう。

何事もやりすぎは禁物です。効果を感じない場合は、一回毎の爪もみの時間を延ばして様子をみて下さい。

ツボ刺激は、西洋医学ではなく、東洋医学の領域になります。

副交感神経がより優位になるように、ツボ刺激による効果に期待しましょう!

こちらの記事もご覧ください!

ストレスと上手く付き合うには、副交感神経を優位にしよう!