酸化マグネシウム便秘薬が効くまでの時間は、どれくらい?

酸化マグネシウムが便秘に良いって聞くけど、どれくらいの時間で薬の効果が出るのだろう。これは、酸化マグネシウムを飲む前に、確認したいところです。なるべくなら、便意をもよおすのはリラックスできる自宅のトイレであってほしいと誰もが思うでしょう。飲む前には、しっかり時間を逆算して確認すると安心ですね!

便秘薬が効くまでの時間は?

すぐ治る便秘なら、便秘薬を飲もうかな?とは思わないけれど、なかなか出ない便秘の場合、便秘薬に頼るときもあると思います。

そのときに気になるのが、時間です。どれくらいの時間で効果があるのだろう?

すぐに効果が出るのかな?

飲む前に、効果が出る時間を知りたいと思うでしょう。

便秘に限らず、薬の効果は時間や程度など表れ方に個人差はありますが、おおよその時間を知っておいて損はないでしょう。

〜便秘薬が効くまでの時間〜

  • グリセリン浣腸・・・3〜5分
  • 新レシカルボン坐剤・・・10〜30分
  • テレミンソフト坐剤・・・5〜60分
  • 酸化マグネシウム・・・6〜10時間
  • センナ類・・・6〜10時間

おおよそですが、このような時間で効果が現れます。

浣腸や坐剤を使用した場合は、比較的早い段階で効果があります。

便秘がちな人には、酸化マグネシウムが効くと聞いたことはありませんか?

便秘で病院を受診すると、酸化マグネシウムの処方を受ける人も多いでしょう。

おそらく病院では、酸化マグネシウムを成分とした便秘薬として、マグミット錠やマグラックス錠という商品名で処方されていることが多いです。

飲んだことがある人は、その効果を実感されていると思いますが、とても腸に優しい便秘薬になります。

酸化マグネシウムの便秘への効果

酸化マグネシウムには、腸内に水分を吸収する働きがあります。一度、吸収した水分は腸壁に吸い取られることなくそのまま便を柔らかくしたり、便の容積を増やしたりします。

便が柔らかくなり、膨張することで腸が優しく刺激があり、ぜん動運動を活性化させてゆるやかに便秘を解消させることができます。

酸化マグネシウムは、昔より胃腸薬としても使用されていたことから、胃の調子が悪くても服用することができます。

酸化マグネシウム系の便秘薬を服用すれば、便秘解消と共に消化器の調子を整えることも期待できます。

腸を過度に刺激することなく、自然な形で排便を促したい方、便秘を解消したい方には、酸化マグネシウム系の便秘薬が効果的です。

副作用も少なく、しっかりと便秘に効果があるので、妊婦さんにも処方されています。

もう少し詳しく、酸化マグネシウムについて見ていきましょう。

酸化マグネシウムが、なぜ便秘に効くのかと言いますと、酸化マグネシウムが大腸内に送られることで、浸透圧を変化させる作用があるからです。

これによって腸内に水分が集まり、硬い便に水分をふくらませて便を柔らかくすることが出来ます。便がスムーズに送られることで、腸の動きも活発になります。

また腸管に水分が浸透することによって、腸壁にこびりついた宿便を取り除くことも出来ます。

このように、酸化マグネシウムは、便自体に水分不足となっている便秘に対して、大変効果が期待されています。

酸化マグネシウムはどれくらいの時間で効果あり?

酸化マグネシウムを服用することによって、どれくらいの時間で効くのか?これは気になるでしょう。

その時間は、おおよそ6〜10時間後とされています。

一般的に酸化マグネシウムを服用する時間は、就寝前となっていることが多いです。この時間は、朝起きたときに、ちょうど便意が起きることを予想しての時間、就寝前という時間になっています。

朝、起きる時間も人によって違ってきますので、起きる時間から逆算してみましょう。

すると、酸化マグネシウムをいつの時間に飲むのが良いのかが見えてきます。

酸化マグネシウムを飲む時間を決まると、朝の排便リズムも整ってくるでしょう。

効果は、遅い人でも3日服用し続けることによって実感できるとされています。ただし、1週間服用しても、効果が感じられない人は、酸化マグネシウムの増量や薬の変更を考えたほうが良いので医師に相談してみましょう。

酸化マグネシウムの副作用

酸化マグネシウムは、便秘の市販薬で有名なコーラックなどの作用にあるような腸を無理に活発にさせて便秘を解消するわけではないのでないので、副作用はほとんどないと考えられています。

そのため、安全性の高い薬となっており妊婦さんにも処方されています。

精神科の病院などでは、20年以上、酸化マグネシウムを飲んでいる人もいます。

ただし、まれに副作用が生じる場合もあります。

興味のある方は、こちらをご覧下さい!

酸化マグネシウムで便秘を解消したい!気になる副作用とは?

便秘にならないために〜快食・快眠・快便〜

なんと、2人に1人の女性が便秘に悩んでいるという調査もあります。便秘は、それほど身近なものだと言えます。

酸化マグネシウムを飲んで、便秘を解消するのも1つの良い方法ですが、まず、便秘にならない食生活をこころがけましょう。

酸化マグネシウムを服用すると、便自体を柔らかくすることが出来ます。しかし、これでは根本的な便秘の解消にはならないでしょう。

よく、快食・快眠・快便と言ったりします。すべてのバランスや時間帯が整ってくると、さらに健康になれます。

快食について

食事を3食、だいたい決まった時間に美味しく食べていますか?食事も、仕事が忙しかったりすると、食べる時間がなく欠食してしまったり、十分な量を食べれなかったり、いつもと違う時間に食べることになったりします。

夜勤のある仕事だと、食事の時間も不規則になってしまうでしょう。実際、私も病院で夜勤をしていた頃は、朝の2時や3時に軽食を食べていました。

朝の2時3時の時間は、通常、寝ている時間ですよね。分かってはいますが、仕事のためなので仕方がありませんでした。

食べる時間をどれだけ色々考えても、なかなか規則的な時間にすることは出来ませんでした。

そのため、朝の2時3時など通常では食事をする時間ではないだろう、と思う時間の場合は、食べ過ぎに気をつけたりヨーグルトやプリンなど消化に良さそうなものを食べていました。

それでも、働いていると脳も身体も使いますので、お腹が空いてしまい上に挙げたような理想通りにはいかないときもありました。

快眠について

毎日、快眠出来ていますか?ぐっすり気持ち良く眠れていますか?

この質問に、はいと答えた人は、睡眠は問題ないでしょう。

しかし、う〜ん最近は、、、

  • 寝付きが良くない
  • 眠れない
  • 途中に何度も目が覚める
  • 朝起きても熟睡感がない
  • 朝起きても、なんだか疲れている

などを感じる人は、快眠とは言い難いですね。睡眠を見直しましょう。

睡眠と便秘も深く関係しています。朝の規則的な排便のためには、夜にぐっすり眠ることが大切なのです。

  • 寝る時間は一定ですか?
  • 電気を消す時間は一定ですか?
  • ベッドに入る時間は一定ですか?
  • 起きる時間は一定ですか?
  • 睡眠時間は一定ですか?

快眠につながるように、これらの時間を整えてみましょう。

快便について

快便についてですが、誤解している人が多いのです。

快便と聞くと、毎日出ないと便秘だ〜と思う人もいます。これは違います。

  • Aさん・・・毎日1回の排便
  • Bさん・・・毎日2回の排便
  • Cさん・・・2日に1回の排便
  • Dさん・・・3日に1回の排便
  • Eさん・・・毎日のときもあれば、2日に1回のときもある

このように、排便には個人差がありますので、毎日出なくても良いのです。

便秘を気にしすぎるあまりに、それがストレスになってしまうこともあります。

2〜3日に1回の排便があれば、それは正常範囲と考えましょう。

すっきり感、を感じることが出来れば快便と言えます。あまり力まずに、トイレに行くとツルンとバナナの形状のうんちが出るのが理想的です。

どうしても便が硬いという人は、酸化マグネシウムも上手に服用しながら、快食・快眠・快便生活を心がけましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

便秘に効果的!マグネシウムが多い食べ物、食品で便通が良くなる