酸化マグネシウムで便秘を解消したい!気になる副作用とは?

苦しい便秘に悩んでいる人も多いでしょう。出したくても固くてコロコロだったり、お尻が痛くなったり、お腹が痛かったり、便秘の悩みはたくさんあります。便秘解消に効果的な酸化マグネシウムをご存知の人も多いでしょう。安全性が高いと言われていますが副作用も気になるところです。服薬前には、しっかり副作用も見ておきましょう。

便秘には、酸化マグネシウムが効果的!

酸化マグネシウムは、下剤によく使われる成分であり、排便を促す働きがあります。

便を柔らかくして、出しやすくしてくれます。

コロコロ便の人も、スムーズな排便に近づきます。

酸化マグネシウムを上手に取り入れて、便秘を解消しましょう!

酸化マグネシウムの効能について

酸化マグネシウムは、腸内検査を行うときなど腸内の便を全て出し切る必要があるときに下剤として処方されるほか、便秘の解消に使われることがあります。

市販の便秘薬にも使われており、スムーズな排便を促す成分として人気があります。

しかし、酸化マグネシウムの効能は、排便を促すだけではありません。

胃炎の患者や結石の予防に処方されることもあります。胃炎に処方されるのは、制酸作用があるためです。

制酸作用とは、酸を制する、つまり胃酸の中和になります。

胃液がこみ上げてきると口の中が酸っぱくなることからも分かりますが、胃液には強い酸が含まれています。この酸で、胃の中の食べ物を消化させます。

酸の刺激から守るため、胃の内側には粘膜が張られていますが、粘膜が傷つくなど胃酸の影響をまともに受けてしまうこともあります。

これが胃潰瘍や胃炎の一因となることも分かっています。

粘膜を修復するのが一番でしょうが、即効性は期待できないため、とりあえず胃酸を中和させるために、酸化マグネシウムが処方されることがあります。

しかし、最近は潰瘍や胃炎にはもっと良いお薬が出てきていますので、胃酸を中和させる目的で処方されることは少なくなっているそうです。

それでは、便秘に酸化マグネシウムがどのように作用しているのかを見ていきましょう。

酸化マグネシウムを摂ることによって、排便が促されるのは、体内で重炭酸塩になるからです。

これにより、腸内に水分が入り込み、便を柔らかくして排出しやすくなります。

これを、緩下作用といい、下剤を飲むと柔らかい水のような便になるのも、このためです。

よく、水をたくさん飲むとお通じが良くなるとも言いますね、これを酸化マグネシウムの作用によって、強制的に行っていることになります。

もう1つ、尿路結石の原因となるシュウ酸が吸収されるのを妨げる働きもあります。

結石予防に効果を発揮します。シュウ酸カルシウムは、ほうれん草などに豊富に含まれており、ほうれん草の食べ過ぎは尿路結石のリスクを高めるとも言われています。

ほうれん草は一般的に健康に良い食べ物として知られていますが、なんでも適量が大事だということがよく分かります。偏りは良くありません、バランスよく食べましょう。

酸化マグネシウムの副作用

酸化マグネシウムは、便秘解消に効果的ということが分かりましたが、もちろん薬である以上、副作用が存在します。

先ほど、ほうれん草でも伝えましたが、食べ物であっても大量摂取は良くありません。薬であれば尚さらでしょう。

このようなニュースはご存知ですか?

便秘薬として処方される酸化マグネシウムの副作用により、死亡者が出たと2015年にニュースで取り上げられ、厚生労働省が注意喚起をしました。

マグネシウムは、もともと豆腐を固めるにがりと同じ成分で自然界に存在するものです。

しかし、摂りすぎてしまうと副作用を起こす可能性がありますので、注意が必要です。

酸化マグネシウムの副作用の中で、特に注意が必要なのは、高カルシウム血症、高マグネシウム血症です。

日本人は、カルシウムが不足しがちだとよく言われていますが、中には毎日、牛乳をたくさん飲んでいる、小魚を意識して摂取している、という人がいるでしょう。

酸化マグネシウムの服用中は、逆にカルシウムの過剰摂取には注意をしなければなりません。高カルシウム血症の症状、倦怠感や嘔吐などが出てくるでしょう。

もし、これらの症状が続く場合は、すぐに処方された病院で診てもらいましょう。

さらに重篤な症状を引き起こす可能性があるのが、高マグネシウム血症です。

もともと効能はおだやかで、重篤な副作用はほとんどないと考えられていました。

しかし、因果関係を完全には否定しきれない死亡報告があったことから、高齢者や腎臓に持病のある人に注意喚起がされるようになりました。

下剤としては、長期的に服用することは少ないですが、慢性的に便通が悪い人には長期的に処方されることもあります。

服用量を増やしたい場合は、医師に相談するようにしましょう。

副作用、具体的な症状とは

酸化マグネシウムの副作用、具体的な症状とは、

  • 腹痛
  • 下痢
  • 吐き気
  • 立ちくらみ
  • めまい

などがあります。

酸化マグネシウムの副作用の1つである、高マグネシウム血症の症状には、以下のものがあります。

副作用:腹痛や下痢

酸化マグネシウムには、腸内へ水分を送り込む作用がありますので、もしその作用が強すぎると水分が極端に増えすぎてしまい、便秘解消の効果を通り過ぎて、腹痛や下痢などの症状が現れてしまいます。

副作用:吐き気や立ちくらみ、めまい

過去に、死亡例もあるという酸化マグネシウムの副作用の1つである、高マグネシウム血症。

高マグネシウム血症とは、血液中のマグネシウム濃度3mg/dl以上になると、高マグネシウム血症と診断されます。

一般的には、マグネシウムの排出が正常にされにくい腎不全の患者に発症しやすいと言われています。

高マグネシウム血症になることから、吐き気、立ちくらみ、めまいなどの症状が現れます。

副作用を起こさないための注意

酸化マグネシウムの服用から、副作用を起こさないために注意することは、以下になります。

  1. 腎臓が悪い人は注意
  2. 心臓が悪い人は注意
  3. 他の薬との併用
  4. 長期的な服用
  5. 不調を感じる場合は医師に相談

1、腎臓が悪い人は注意

腎臓が悪い人は、血液中のマグネシウムが、上手くろ過されにくいことがあるために、高マグネシウム血症になりやすいと言われています。

2、心臓が悪い人は注意

心機能に問題がある人も注意が必要です。酸化マグネシウムの服用が、徐脈を引き起こし、症状を悪化させる恐れがあるとされています。

3、他の薬との併用

酸化マグネシウムは、牛乳やミソプロストールの他にも、併用に気を付けたほうがいい薬があります。

テトラサイクリン系の抗生物質(ニキビの薬)や、ジギタリス製剤(心不全の薬)などとの併用は、注意喚起されています。

高齢者の方は、普段服用している薬が多い方もいます。組み合わせなども含めて、摂取量には十分な注意が必要です。

4、長期的な服用

重篤な副作用を起こす人のほとんどは、酸化マグネシウムを長期的に服用している人のようです。

特に、便秘薬をして服用する場合は、長期的に服用する場合が多いですので注意しましょう。

5、不調を感じる場合は医師に相談

酸化マグネシウムを服用してみて、吐き気や下痢など体調に不安を感じたら、医師に相談してみましょう。

酸化マグネシウムの処方を受けた病院が近いなら、そこの病院に行きましょう。

薬の服用に関しては、自己判断は危険ですので薬剤師や医師に相談してみましょう。 サプリや市販薬で酸化マグネシウムを試してみて、体調不良が続く場合も同じです。

酸化マグネシウムは安全性の高い薬です

副作用をご紹介しましたが、長期的に服用しなければ、酸化マグネシウムは安全性の高い薬と言われています。

薬だけに限らず、食品でも100%安全なものはありません。

アレルギーがその例でしょう。そばアレルギー、卵アレルギー、小麦粉アレルギーなど、食品でもアレルギー反応により肌に異常が現れたり、体調不良になったりする人もいます。

特に、薬は副作用が付きものなので、服用する薬の副作用の危険性を知っておくことで、より安全に安心して服用できます。

副作用を知った上で、酸化マグネシウムを上手に服用していきましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

酸化マグネシウムのサプリで、頑固な便秘を解消しよう!