酸化マグネシウムのサプリで、頑固な便秘を解消しよう!

便秘薬を飲むと急にお腹が痛くなったり、飲まなかったら排便がなかったりして便秘がクセになったりもします。しかし酸化マグネシウムは腸を刺戟する成分が含まれていないため、お腹も痛くなりにくく、便を出しやすいように柔らかくなります。便秘で困っている方は、一度、酸化マグネシウムのサプリを飲んでみませんか?

便秘とマグネシウム

意外と知られていない便秘とマグネシウム。

有名なのが、酸化マグネシウムですね。

便秘で病院に行ったことがある人は、処方を受けたことがあるかと思います。

私も飲んだことがあります。便を柔らかくしてくれて便秘の解消、予防に役立ちました。

マグネシウムには、どんな効果があるのでしょうか。

マグネシウムには様々な健康効果!

「マグネシウム」という名前だけを聞くと、なんだかスゴク化学物質的なイメージがありますね。

実際、元素記号の12番目になります。身体にとっては、必要なミネラルの一つです。

有名な働きとしてはカルシウムと共に、骨や歯を形成することで知られています。

骨を形成するというだけでも非常に重要な働きではありますが、マグネシウムの働きはそれだけではありません。

マグネシウムは、体内での酵素反応に関係しています。タンパク質の合成、エネルギー代謝、血圧の調整、筋肉の収縮、体温の調整、血糖値の調整、神経の興奮を抑えるなどムグネシウムの効果はたくさんあります。

他にも、

  • カルシウムを有効に働かせる
  • 疲労回復
  • カルシウムを有効に働かせる
  • 片頭痛に効果がある
  • 月経前症候群を緩和する
  • 代謝に関係する酵素を活性化させる
  • 糖をエネルギーに変えるためダイエットに効果的

など、マグネシウムには様々な効果があります。

その他にも、マグネシウムにはエネルギー代謝をするために必要なビタミンB1を保持する働きがあります。

マグネシウムの健康効果は心臓病や糖尿病、血糖値の改善などがあります。

そんなマグネシウムも、実は結構、身近に存在しています。

お豆腐の製造に欠かせない、にがりの成分は塩化マグネシウムですし、アーモンドなどのナッツ類にもマグネシウムは豊富に含まれています。

普段から何気なく口にしていたりします。マグネシウムを多く含む食べ物を見ていきましょう。

マグネシウムを含む食べ物

マグネシウムを多く含む食品としては、

  • アーモンド
  • カシューナッツ
  • ゴマ
  • ヒジキなどの海藻類
  • 魚類
  • 玄米
  • そば
  • 豆類やナッツ
  • バナナ
  • 納豆
  • ほうれんそう

などの食べ物になります。

マグネシウムの1日の所要量は、300mg前後。

ほうれんそう100gで約70mg~100mgのマグネシウムが含まれています。

ほうれんそうのゴマあえ、バター炒め、ヒジキの煮物など、和食のメニューでマグネシウムを補えそうです。

健康のためにも、食事から上手にマグネシウムを摂取しましょう!

便秘に効くのは酸化マグネシウム

便秘に効くのは、酸化マグネシウムになります。文字通り、マグネシウムが酸素と結びついたものになります。

このマグネシウムが身体に取り込まれると、腸内で便に水分を含ませる働きを持っています。

この働きが、便秘の解消に役立っています。その後、柔らかくなった便は、腸を刺激し腸のぜん動運動を促します。

ぜん動運動によって、自然とトイレに行きたくなる、排便がもよおされるというメカニズムになります。

キーワードは、自然にというところです。酸化マグネシウムの摂取は、便秘薬のようにお腹が痛くなることも少なく、クセになってしまうことも少ないのです。

酸化マグネシウムが便秘に効くことは分かりましたが、どこで手に入れられるのでしょう?

病院を受診すれば、処方してくれるかもしれません。そんな時間がないという人は、薬局やインターネットでサプリの購入も出来ます。

酸化マグネシウムをサプリ感覚で補おう!

酸化マグネシウム系の市販便秘薬で有名なのは、「酸化マグネシウムE便秘薬」でしょう。

レモン味にして苦味を抑えて、水で飲むとすぐに溶けたりと飲みやすさにもこだわっているそうです。

妊娠中や高齢者、子ども(5歳以上)も安心して飲めることから人気があります。

他にも有名なサプリとして、

  • ディアナチュラ カルシウム・マグネシウム・亜鉛・ビタミンD160粒
  • 大塚製薬 ネイチャーメイド カルシウム・マグネシウム・亜鉛90粒
  • LIFE STYLE マグネシム

などのサプリが人気商品となっています。

忙しい人は、簡単に補えるサプリの力を借りてみましょう。

便秘に効くサプリをいつ飲むのが良いのだろう?と思う人も多いでしょう。

排便がいつ起きるかは個人差があるので、何時とは言えませんが酸化マグネシウムは、摂取して大体8時間くらいで効果があると言われています。

2、3日くらいは時間を逆算して、飲んで様子を見てみましょう。

やはり、排便は自宅で落ち着いてしたいもの。自宅にいる時間、リラックスできる時間に合わせて逆算して飲んでみるのがよいでしょう。

飲む時間がいまいち分からない人は、

便秘薬や便秘解消のためのサプリを、寝る前に飲んでみましょう。こちらも寝る時間や、睡眠時間に個人差があるので何時とは言えないのですが目安にしてみてください。

翌日の朝に排便がある人、ない人、昼過ぎに排便がある人などいろいろでしょうが、数日続けて同じ時間にサプリを飲んでいると、いつに便意がもよおしてくるのかが分かると思います。

そこで、その時間が良ければ、サプリを飲むのは寝る前が、あなたの生活に合っています。

便意を催した時間が、良いと思わなければ、サプリを飲む時間を変更する必要がありますので、時間を逆算したり調整してみましょう。

サプリは、薬ではなく健康食品の1つとして考えられていますが、飲む量には気を付けましょう。

また、便秘に効くサプリを1か月、飲んでも便通に変わりがなければ、そのサプリはあなたの身体に合っていないとも考えられます。

そんなときは、サプリの種類を変えてみるのも良いですし、病院で医師に相談するのも良いでしょう。

快便でお腹スッキリ!

サプリで快便、お腹スッキリになると嬉しいですね。最近、なんだかお腹がスッキリしない人や、便が硬くて排便に苦労しているひいとは、酸化マグネシウムを飲んでみましょう。

便秘薬に抵抗がある人は、サプリから飲み始めてみましょう。

どちらにしても、便秘は身体に良くありません。便秘生活ではなく、快便生活を過ごせるようにしましょう。

やはり、生活習慣や生活スタイルを整えて、便秘しにくい体質、快便体質になるのがベストになります。

  • 水分を多めにとる
  • 適度な運動をする
  • 果物や野菜を多く食べる
  • 乳酸菌を多く取る
  • 食物繊維を多く取る
  • オリーブオイルを摂る
  • リラックスする
  • 腹部マッサージをする
  • 便意を感じたら即トイレに行く
  • トイレの時間を確保する
  • ストレスを溜めない

など、日常生活の中での便秘対策はたくさんあります。

サプリや酸化マグネシウムは、快便生活の手助けをしてくれるものにすぎません。

とは言ってとも、実際、サプリや便秘薬に頼らざるを得ないときもあるでしょう。

そんなときは、無理せずサプリや便秘薬に頼りましょう。便秘を悪化させないようにしましょう。

サプリや便秘薬もあなたの生活に上手に取り入れながら、便通を整えていきましょう。

便秘が解消されると、日に日に肌荒れやお肌の調子が良くなったり、食事がより美味しく感じたり、なんだか身体も気持ちも軽くなったように感じたりと嬉しい効果がたくさんあります。

こちらの記事もご覧下さい!

これは便利、トイレでも行える、便秘解消ストレッチ!