私の好きな精油、ティートリーの簡単すぎる使い方いろいろ!

ラベンダーやティートリーなどのアロマオイル、エッセンシャルオイルと呼ばれる精油、皆さんはどう使っていますか?購入したものの、どんな使い方があるのだろう、使い方がいまいちピンとこなかったりします。良い香りで幸せを感じることが出来る精油を、あなたの生活にどんどん取り入れていきましょう。精油の色々な使い方をご紹介します。

精油とは

精油と言ったり、アロマと読んだり色々な呼び方があります。

今までは、アロマオイルは値段が高いというイメージがありました。

最近はなんと100円均一でも購入出来るほどになっているそうです。

例えば、10ml、2500円ほどするものから、500円ほどのものからピンキリと言った具合です。

一体この差はどこから来ているのでしょうか?

まず、精油(エッセンシャルオイル)と呼ばれているものは、100%天然のものになります。以下は、精油とします。

商品の裏のラベルを見てみましょう。「精油」と書かされているものは、100%天然ということになります。

アロマオイルとは

その一方で、アロマオイルもよく聞きます。アロマとは、精油ではないものという考えで良いでしょう。

つまり、100%天然ではないものという認識になります。精油とさまざまなものがミックスされているものがアロマと呼ばれています。

捉え方としては、アロマというくくりの方が大きく、その一部に精油が存在しています。

そのため精油の方が、値段が高くなっていることが多いです。アロマが悪いとか良くないとかでありません。

基本的に、精油はお肌につけることが出来ます。一方でアロマオイルは、お肌につけることは想定されていません。

そのため、扱いも雑貨というくくりになります。用途としては、香りを楽しむことがメインとなっています。

肌が敏感な人や弱い人は、合成香料+オイルのアロマオイルを肌に塗ったりすると、赤みが出てきたり、痒さを感じたり、肌トラブルの原因となりかねません。十分に注意しましょう。

そのため、精油やアロマオイルを購入するときは、使い方や用途はもちろん、その商品が精油なのか?アロマオイルなのか?としっかり把握してから利用すると安心です。

純粋に100%天然の精油は、「良いものは高い」と世間で言われているよに、値段が高くなります。

特にこだわりがなく、「アロマ風なら何でもいいわ」、「匂いが良ければ100%天然じゃなくても良いわ」という人は、アロマ風のもので間に合うでしょう。

しかし、精油にこだわる方は、天然の植物からのみ抽出されたものを選ぶようにしましょう。

ティートリーの効能

精油の中でも今回はティートリーについて説明します。

ティートリーは、英語でtea treeと書きます。そのため、お茶の木?と思いますが、ティートリーは普段私たちが飲んでいるお茶の木とは全く違うものです。

ティートリーはオーストラリアの樹木で、木の高さは最大6〜7メートルぐらいになるそうです。

またティートリーは、伐採されても、また生長して伐採されるほど、非常に生命力が強いことで有名です。

私がティートリーを知ったのは、勤めていた病院でした。それまで、精油と聞いてもラベンダーくらいしか思い浮かびませんでした。

なんと、その病院では、おしゃれにも環境整備や足浴にティートリーを使っていたのです。

そのため通常、病棟では環境整備、お掃除の時間って消毒薬やアルコールの匂いがするのですが、ティートリーの良い香りに包まれていました。

その場にいた、妊婦の先輩が、「ティートリー、妊婦には刺激が少し強いみたいだけど、私は好きだな〜」と言っていました。

妊婦さんは、これまで好きだった精油の香りが苦手になったりもしますので、体調や気分いよって、使い分けしていきましょう。

病院の匂いって、やはり独特ですよね・・・。今は受付で精油やアロマを取り入れて良い香りがするところも増えてきましたが、まだまだ独特の匂いがするところも多いでしょう。

診療科によっては、精油を取り入れやすかったり、取り入れにくかったりしますが、良い香りはリラックスや気分転換になりますので、多くの病院に取り入れられるといいな〜と思います。

ティートリーの効能につきましては、こちらの記事を参考にしてください。

オーストラリアの健康を支える、ティートリーの効能!

精油の使い方いろいろ

精油の使い方はいろいろあります。精油を購入したは良いものの、使い方に悩む人も少なくありません。

〜精油の使い方〜

  1. ハンカチにつける
  2. お風呂に入れる
  3. 浴室の床に垂らす
  4. フットバスに入れる
  5. マグカップや洗面器に入れる
  6. トリートメントに混ぜる
  7. 拭き掃除に使う
  8. トイレの消臭剤
  9. アロマディフーザー
  10. マッサージに使う

など、他にもたくさん使い方があります。

なんど精油入りの石鹸を手作りしている方もいます。最近は、手作りの化粧品やコスメもありますから分かるのですが、精油入りと言えど・・・面倒くさがりの私には、踏み切れません。

でも精油は使いたい!ので、入れるだけ、置くだけの簡単な精油の使い方を10個ほど紹介します。

精油の使い方1:ハンカチにつける

お好きな精油をハンカチにつけてみましょう。つけるだけで良いので簡単です。ハンカチを取り出すたびに、良い香りに包まれます。

ティートリーの香りは気分転換の効果もありますので、日常持ち歩くのにオススメです。ハンカチにつけていると、そのうちバッグの中までティートリーの良い香りに満たされます。

シミになることもあるので、白いハンカチや色の薄いハンカチは注意しましょう。

精油の使い方2:お風呂に入れる

お風呂に入れる使い方も、入れるだけなのでとっても簡単です。体をきれいに洗って、さあ湯船に浸かるときに、入れてもよいですし、初めから入れておいても大丈夫です。

1日の終わりのリラックス、リフレッシュタイムに最適です。

ティートリーの香りは、気管支などの呼吸器系にも良いとされ、フェイシャルスチームにも使われているので、湯船に入れると一石三鳥くらいの効果があります。

精油の使い方3:浴室の床に垂らす

湯船に入らず、シャワーだけで済ます人も、精油を床に数滴垂らしてみましょう。

良い香りに包まれながら、シャワータイムを楽しむことが出来ます。

精油の使い方4:フットバスに入れる

フットバス、足浴をしている方は、精油を数滴入れてみましょう。

ティートリーは、水虫などにも効果があります。香りに満たされ、水虫の改善・予防にもなり、かなりオススメです。

実際に病院では、水虫のある患者さんの足浴にティートリーを5滴ほど入れてケアに使っていました。

精油の使い方5:マグカップや洗面器に入れる

マグカップや洗面器に熱いお湯をはり、そこに精油を数滴、入れてみましょう。こぼれにくい窓際などの場所に置いておくだけです。

加湿器かわりにもなり、空気もきれいになります。

こちらも入院中の患者さんに大好評でした。

精油の使い方6:トリートメントに混ぜる

お風呂で髪をシャンプーした後のトリートメント時に、精油を1滴ほど混ぜて使ってみましょう。

髪もツヤツヤ、香りも良いし、大満足です。

その精油で肌トラブルが起こらないかを確認してから使うことをオススメします。

お風呂場に、お好きな香りの精油を1つ置いておくと、いろいろ使えて大変便利です。

精油の使い方7:拭き掃除に使う

普段のお掃除に精油を数滴入れて使ってみましょう。掃除するときの気分も良くなり、お部屋もきれいになります。

精油の使い方8:トイレの消臭剤

トイレの消臭剤としての使い方もあります。

重曹10gにたいして精油を3滴ほど混ぜて、小さなお皿に置くだけです。

トイレでも精油生活を楽しむことが出来ます。

精油の使い方9:アロマディフューザー

日本でもシドニーでも使っている無印のアロマディフューザー。

水と精油を入れるだけで、最大3時間、香りを楽しむことが出来ます。

お部屋でお好きな香りを楽しんでください!

精油の使い方10:マッサージに使う

マッサージにも精油を使ってみましょう。

使い方といっても、普段使っているクリームやオイルに精油を数滴混ぜるだけ、簡単です。

気分もよくなり、リラックス出来、マッサージすることによって、むくみ予防にも繋がります。

生活の至る所で、精油を取り入れて、健康や美容に役立てていきましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

自律神経を整える効果あり!アロマ生活で気持ち良く過ごそう!