オーストラリアの健康を支える、ティートリーの効能!

ティートリーは、オーストラリア先住民、アボリジニの健康を支える万能薬として知られています。ティートリーは、生命力が強く、心への効能、身体への効能、肌への効能とさまざまな効能が期待されています。そのことから、ティートリーは、天然の消毒薬として世界中に広まっています。

ティートリー

ティートリー、聞いたことがある人も多いでしょう。

この写真はティートリーの木ではありませんが・・・。

ティートリーは、日本語に訳すとお茶の木になります。

ティートリーは、オーストラリア原産のサイプレスに似た常緑樹です。初夏の頃には、白やピンクの花を咲かせます。

またティートリーは、生命力が非常に強いことが有名で、幹の切手も生長を続けます。そして2年もすれが、また伐採できるほど生命力溢れる力強い木です。

ティートリーの木の高さは最大で6〜7メートルくらいと言われています。

ABCから学び直した英語

2、3年前にルームメイトだったオーストラリア人の女の子と、公園を散歩していたときにティートリーの木を紹介してくれたような気がします。

その子が話す英語を聞き取ることに必死だったのもあり、違う木だったかもしれませんが・・・。

オーストラリアに来たものの、英語はさっぱりでした。毎日、オーストラリアの女の子たちと夕飯の準備をしたり、食べて、片付けて、いろいろな話しをしていました。

ある女の子が、私の英語は、「ジャパニーズイングリッシュね、私がオージーイングリッシュを教えてあげるわ」と言ってくれました。

その子は、バレリーナになるための学校にも行き、通信制の学校の課題もありと、多忙であったにも関わらず、週に1度、時間を作ってくれました。大変、感謝しています。

はじめは、なんとABCのアルファベットの発音から教わりました。発音って大事なんだな〜と痛感しました。

その女の子は、他にも、オーストラリアの文化なども分かりやすく教えてくれていました。オーストラリアの歴史についてもっと知りたいと思うきっかけになりました。

オーストラリア先住民、アボリジニはティートリーの葉を使って、かなり古くから健康支えていたそうです。

ティートリーは、免疫力を高め、抗菌力が優れていることから、先住民の万能薬をして感染症などの様々な病気や傷の手当てに使われていました。

最近では、感染症と言われる大流行しやすいインフルエンザや風邪対策にも利用されています。

ティートリーの香りと量

1925年、オーストラリアのベンフォール博士によって、ティートリーが協力や抗菌作用を持つことが明らかにされました。

それ以降、肌への刺激もマイルドと知られ、天然の消毒薬として世界中に広まっています。

ティートリーは、ユーカリに似たすっきりした香りがありつつ、刺激が少なく透明感のあるような香りがします。

ティートリーの精油は、葉っぱや小枝の先端部分を蒸気蒸留して得ることができます。しかし、その量は、わずか1〜2%ほどになります。

現在は、栽培技術が進んで農場などで栽培されているものは、多くのティートリーの精油を得ることが出来るようになっているそうです。

さて、ティートリーの効能を見ていきましょう。

ティートリーの効能!

ティートリーの効能は、

  • 心への効能
  • 身体への効能
  • 肌への効能

大きく分けて3つあります。

心への効能

ティートリーは、透き通るような香りがあり、気分をリフレッシュさせるのに役立ちます。

落ち込んだ気持ちや、なんだかモヤモヤした気持ちをスッキリさせたいときに効果的です。ポジティブに物事を捉える手助けをしてくれます。

日々生活している、精神的に不安になったり、心配になってりすることは誰にでもあります。

そんな不安や心配を和やらげて、物事を肯定的に考えることが出来るでしょう。このように心への効能として、気分転換にピッタリです。

また、ぼんやりとした考えをスッキリさせたり、集中力や記憶力を高めるためにも役立ちます。

ティートリーの効能を利用して、勉強中にお部屋には、ティートリーの香りが漂っていると、効率がグンとアップさせましょう。

身体への効能

身体への効能として、殺菌作用や抗ウイルス作用があることから、風邪やインフルエンザなどの感染症の予防に適しています。

私が通っていた歯医者さんの受付は、冬場はいつも、ティートリーの香りがしていました。

病院や歯医者など医療機関の受付は、特に風邪予防、ウイルス対策に力を入れています。風邪菌をもらうかもしれないし、自分が風邪の場合は渡して移してしまいます。

ティートリーの身体への効能として、強力な抗感染作用を持っていることがポイントになります。

気管支など呼吸器系の不調などにも効果・効能があり、咳などで炎症を起こした気管支の炎症を鎮めて、痛みを和らげて楽にしてくれます。

また、免疫機能の低下から引き起こる神経疲労や衰弱にも効果・効能を発揮します。

ティートリーの効能は冬が近づいてくると、病院・歯医者などの受付、事務所内など至るところで感染予防として、発揮されています。

ティートリーの効能を利用して、風邪知らず、疲れ知らずの健康な身体を手に入れましょう。

肌への効能

肌への効能もたくさんあります。抗真菌作用があるため、水虫の改善にも役立ちます。

水虫でお困りの方は、ティートリーの効能に頼るのも良いでしょう。

また、優れた抗菌力があります。アトピー性皮膚炎やイボ・ニキビ予防や改善にも効能を発揮します。

ティートリーは肌のあらゆるトラブルの改善に役立つ効能があります。

虫刺されや切り傷などの傷の治りを促したり、化膿を防ぐ効能もあり、万能薬と知られています。

オーストラリアの紫外線は、なんと日本の7倍!とも言われています。火傷や日焼けによる炎症を鎮める効能もあります。

他にも、ヘルペスの緩和や虫刺されの緩和にも効能があります。

ティートリーの効能を生活に取り入れよう!

このように、ティートリーの効能は生活に取り入れて、損はないことが分かります。

免疫力や高まったり、感染予防も出来る、肌トラブルにも対応できる、気分転換に最適、ポジティブ思考になれる!など、嬉しい効能ばかりです。

私は、無印の超音波アロマディフューザーを使っています。

使い方も簡単でオススメです。

無印で、アロマディフューザーとアロマを購入して家に帰って、すぐに使用できます。

ミスト状にアロマの香りがお部屋に広がり、心も身体も癒してくれます。

この商品の良いところは、就寝中も安心して使えること。火を使わないので、安心です。

最大時間は3時間です。

そのため、スイッチを入れてからお風呂に入ったり、ストレッチをしたり、本を読んだり、電話したりなど色々していたとしても、眠りにつく頃には、勝手に電源が消えます。節電にもなります。

短時間使いたい人は、30分を選ぶことが出来ます。30分・60分・120分・180分とセット出来ます。

最近、なんだか、疲れ気味・・・風邪気味・・・肌の調子が悪い・・・喉の調子が悪い・・・など心当たりがある方は、ティートリーの効能を生活に上手に取り入れてみるのも良いでしょう。

アロマディヒューザーを購入しなくても、ハンカチやティッシュに垂らして、枕元に置いておくだけでも効能を発揮してくれます。十分に効果を得られるでしょう。

ハンカチに数滴垂らして、持ち歩くと、風邪予防にも気分転換にも最適です!

こちらの記事もご覧下さい!

玄関の虫除けには、アロマが効果あり!