ストレスから便秘に、さらには腰痛にも影響あり!?

「何日も便が出ない」、「コロコロだし、量も少し」、「出たには出たけど、なんとなくスッキリしない」など、便秘に関する意見は色々あります。ストレスが多い人は便秘になりやすく、便秘は、想像以上につらいものです。単に、便が出ないだけではありません。便秘が原因で腰痛になる人もいます。

便秘とは

便秘、便秘とよく言ったり聞いたりします。

そもそも便秘とは、どういう状態をいうのでしょうか。

便秘、、、誰しも、一度は経験したことがあるでしょう。

便秘とは、排便回数の減少や便通異常がある状態を指します。しかしながら、「何日、出なかったら便秘」などという明確な定義はありません。

以前、友達が、「便秘だ〜苦しい〜」と言っていたので私が、「何日出てないの?」と聞くと、「今日の朝、出なかったから今日から便秘で苦しい〜」と言っていました。

このように、毎日、便が出ている人は、1日出なかったら、今日から便秘と感じるでしょうし、いつも3日おきの排便の人は2日出なくても便秘とは感じないでしょう。

こんな話も聞いたことがあります。Aさんは、高校生の頃、ひどい便秘症でした。月に4回〜5回の排便しかなかったそうです。これには、聞いて驚きました。

Aさんは、どうしても排便したいときは、冷たい牛乳を1リットル飲んで、わざと下痢になるようにしていたそうです。

少し、恐ろしい話ですね。しかし、実際にこういう人もいます。Aさんは、その後、病院を受診し浣腸や便を柔らかくする薬、整腸剤などを処方してもらったそうです。

びっくりしませんか?月に4〜5回って。1か月、30日と計算してみると、6〜7日に1回、排便があるということになります。

毎日、排便がある人もいれば、1週間に1回くらいの排便の人もいます・・・。

このように排便回数には個人差があるため、便秘の定義は難しいとされています。

排便は、毎日でなくても大丈夫です。

排便の回数にこだわってしまいがちですが、回数に限らず、下記のような症状も便秘と言います。

  • 以前に比べて、回数が減っている
  • 排便するときに、固く、不快感がある
  • コロコロ、うさぎのウンチのよう
  • 排便するも、すっきりしない
  • 残便感がある

などの自覚症状がある人も便秘と言えます。

便秘は、イライラや肌荒れ、太る、痔疾患になりやすくなります。

ストレスと便秘の関係

現代は、ストレス社会と呼ばれているのは有名ですね。

職場、家庭、人間関係、経済面、健康面などのストレスは生活の至るところに存在しています。

私たちの生活は、ストレスに囲まれているのは分かりましたが、それではストレスが、なぜ便秘と関係しているのでしょうか。

こんな症状、ありませんか?

  • ストレスが多いと感じる
  • 緊張しやすい
  • 悩み事や心配事が多い
  • 腹痛がよくある
  • 便が、うさぎのコロコロうんちのよう
  • 下痢と便秘を繰り返している

このような症状がある場合、ストレスが原因で便秘になっている可能性が高いです。

ストレスは、万病の元、溜め込むと身体に良くない、便秘を含めてさまざまな病気の原因になると言われています。

ストレスを強く受けたり、長い時間受けてしまうと、自律神経の働きが乱れてしまいます。

自律神経には、2種類あります。

1つ目が、交感神経です。交感神経は、私たちが日中に活動している時に優位になります。

  • 活動している時
  • 緊張している時
  • 興奮している時
  • ストレスを受けた時

などに活発に働きます。

2つ目は、副交感神経です。こちらは、リラックス神経とも呼ばれています。

  • 休息している時
  • 回復している時
  • 睡眠中
  • リラックスしている時

などに活発に働きます。

過度なストレス状態が続くと、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうのです。

自律神経のバランスの乱れから、便秘になったり、下痢になったりと、胃腸に関わる消化器症状が現れてきます。

ストレスにより、男性は、下痢になりやすく、女性は便秘になりやすい傾向にあります。

ストレスをなくしたい、ストレスを減らしたい、ストレスを感じないようになりたいと思って、急に明日から実行できることでもないので、難しいところです。

自分が感じているストレスとは、、上手に付き合っていくのが便秘解消、ストレス解消の近道となりそうです。

便秘と腰痛の関係

便秘が2〜3日続くと、きまって腰痛が出てくる。立ってるのも座ってるのもつらかったりして、仕事に集中出来ない。。。そんな毎日に悩んでいませんか。

便秘と腰痛に原因には、多くの共通点があります。便秘になると、きまって腰痛を感じる人もいます。

便秘で、体調が悪い上に、腰痛、、、となると毎日を楽しく過ごすのが難しくなりそうです。身体のどこかが調子が悪いと憂鬱になる人もいるでしょう。

便秘が悪化するたびに感じる腰痛。ズーンとした重みを感じるような腰痛、ズキズキしたような腰痛、腰痛もざまざまです。

便秘でもストレスを感じて、腰痛からもストレスを感じてと、悪循環になってしまいます。

もう、予想がつくとおもいますが、実は、ストレスも腰痛も便秘もそれそれが大きく関係しています。

言い換えれば、ストレスを解消できれば、便秘も腰痛も解消できます。

便秘が解消したら、腰痛もストレスもなくなったということになります。つまり、便秘も腰痛もまとめて改善できます。

しかし、もともと腰痛がある人は、その腰痛は今回のストレスや便秘が原因ではないことが多いので、その腰痛の改善は難しくなりますが、改善とはいかなくても軽減することは期待できます。

今まで、腰痛を感じたことがない人でも、症状として出ていなかっただけで、毎日の生活や行動の積み重ねから、知らないうちに腰に負担をかけていることもあります。

それでは、便秘によって、腰痛を感じてしまうのは、なぜでしょうか。

便秘により、血管や神経が圧迫されてしまう

便秘になると、腸内に便がたまり、腸がふくれます。腸と腰の位置関係は、非常に近い位置にあります。

だんだんと腸が膨らむと、腰周囲の血管や神経が圧迫されてしまい、腰痛を感じることがあります。便秘と腰痛の関係がここにあるのです。

便秘も腰痛もまとめて改善しよう!

出来れば、便秘も腰痛もまとめて改善したいと思うもの。

便秘も腰痛も、運動不足やストレス、毎日も生活習慣が大きく関係しています。

腰痛がある人は、腰周囲の筋肉がカチコチに硬くなっているとよく言われてます。

そのために、腰痛体操や腰痛のためのストレッチなどが、取り上げられています。

是非とも、腰周りの筋肉が柔らかくなるように、ストレッチなどから始めて、運動習慣をつけていきましょう。

ここで、注意してほしいことがあります。運動不足の人が、急に激しい運動をすると、どうなるでしょうか。

ギックリ腰になってしまったり、いつもとは違う腰痛を感じることになりかねません。

運動不足だと感じる人は、何か運動を始める時には、ストレッチ、柔軟体操をしっかり行ってから徐々にゆっくり始めましょう。

始めの1習慣、1か月くらいは、ストレッチやウォーキングだけでも良いかもしれません。

少しの運動やストレッチをすることで、便秘も腰痛も改善されて、ストレスも解消されるというように、メリットが沢山あります。

また、便秘や腰痛がある人は、普段に何気ない姿勢にも気をつけましょう。

猫背気味になっていませんか?猫背も、便秘や腰痛とつながっています。

猫背だと感じる人は、普段から気をつけて姿勢がまっすぐになるようにしましょう。

胸を張るような感じに意識するだけでも、猫背の解消になります。

信じがたいように思いますが、猫背の解消が、ストレス解消のきっかけとなって、全ての症状が解消する可能性も期待できます。

腰痛の人は、腰周りの筋肉が柔らかくなるように十分にストレッチしてみましょう。

ストレス、便秘、腰痛、運動、姿勢と少しずつ改善できるように、意識してみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

ストレスで便秘になるのは、なぜ?どうやって解消できるの?