ストレスが原因となっている便秘に効く、漢方はこれ!

便秘に悩んでいる人は意外と多く、女性の50%が便秘とも言われています。1日2日で解消できる便秘であれば、悩みの種にもなりませんが、慢性的になると肌荒れ、冷え、新たなストレスなど、悩みはどんどん増えていきます。漢方を取り入れて、早めに解消または便秘体質にならないように気をつけましょう!

便秘に悩んでいませんか?

今や、女性の2人に1人が悩んでいる便秘

便秘になったことがない人がいれば、羨ましいですね。

便秘は、1日も早く解消したいものでしょう。

よく、お肌は内臓の鏡などと言われますが、便秘が続くと肌荒れ、ニキビ、吹き出物などが出てきます。

他にも、便秘から口臭やゲップ、痔になったりと、便秘は良いことがありません。

便秘には、何日出なかったら便秘というような明確な定義はありません。

1日に2回、3回と排便がある人から、1週間に2回、3回の人もいます。

1日に2回、3回排便がある人は1日出なかったら、それは本人にとっては便秘と感じるでしょう。

1週間に2回、3回の人は、1日出なかったとしても、それは便秘だと感じないでしょう。

このように排便習慣には個人差があるため、本人が、排便に関して不快だと思えば、便秘となります。

ストレスと便秘の関係

現代は、ストレス社会と呼ばれているのは有名ですね。

ストレス、ストレス、ストレス、生活の至る所にストレスが潜んでいます。

職場、通勤、家庭、親子関係、人間関係、経済面、健康面など、ストレスは大変身近な存在になっています。

ストレスと便秘は実は、大きく関係しています。

こんな症状、ありませんか?

  • ストレスが多いと感じる
  • 緊張しやすい
  • 悩み事や心配事が多い
  • 腹痛がよくある
  • 便が、うさぎのコロコロうんちのよう
  • 下痢と便秘を繰り返している

このような症状がある場合、ストレスが原因で便秘になっている可能性が高いです。

ストレスは、万病の元、溜め込むと身体に良くない、便秘を含めてさまざまな病気の原因になると言われています。

ストレスを強く受けたり、長い時間受けてしまうと、自律神経の働きが乱れてしまいます。

自律神経には、2種類あります。

1つ目が、交感神経です。交感神経は、私たちが日中に活動している時に優位になります。

  • 活動している時
  • 緊張している時
  • 興奮している時
  • ストレスを受けた時

などに活発に働きます。

ストレスを感じた時に、交感神経が活発に働きます。

交感神経が活発に働くと、排便活動は抑制されます。そのため、ストレスが便秘の原因になりやすいのです。

2つ目は、副交感神経です。こちらは、リラックス神経とも呼ばれています。

  • 休息している時
  • 回復している時
  • 睡眠中
  • リラックスしている時

などに活発に働きます。

過度なストレス状態が続くと、交感神経と副交感神経のバランスが乱れてしまうのです。

自律神経のバランスの乱れから、便秘になったり、下痢になったりと、胃腸に関わる消化器症状が現れてきます。

ストレスをなくしたい、ストレスを減らしたい、ストレスを感じないようになりたいと思って、急に明日から実行できることでもないので、難しいところです。

自分が感じているストレスとは、、上手に付き合っていくのが便秘解消、ストレス解消の近道となりそうです。

便秘を漢方で治そう!

便秘を漢方で治したいと考えている人が多いのではないでしょうか。

便秘薬にもざまざまな種類がありますが、市販薬などは効果がきつすぎたり、毎日、飲むのに抵抗があったりします。

その点、漢方は身体に優しいイメージがあり始めやすいのです。

漢方では、「便秘なら、この薬」というような考えはありません。漢方では、その人の体質に合わせて治療方法が選ばれます。そのため、処方される漢方も人によって違ってきます。

あなたの体質に合った漢方を見つけることが大切です。

便秘の症状はざまざまですが、大きく5つに分けられます。

どのタイプに当てまはりますか?

  1. 熱タイプ
  2. 気滞タイプ
  3. 気虚タイプ
  4. 血虚タイプ
  5. 寒タイプ

それぞれ見ていきましょう!

1、熱タイプ

熱タイプの人は、比較的体力がある傾向にあります。のぼせや頭痛がある人もいます。

  • 濃い味、辛いものを好む
  • 口が渇きやすく、よく水を飲む
  • コロコロ便
  • 尿は濃い黄色
  • 舌の色が赤い

などの特徴があります。

熱タイプの人には、

血液のめぐりを良くする漢方・・・桃核承気湯(とうかくじょうきとう)

消化管の通りを良くする漢方・・・大承気湯(だいじょうきとう)

などが代表的な漢方とされています。

2、気滞タイプ

気滞タイプの人は、ストレスなどで気が張っていることが多くあります。

ストレスが便秘の原因だと感じている人は、気滞タイプの人が多い傾向にあります。

  • 些細なことで悩んでしまう
  • 環境の変化に弱い
  • 生理前に体調が悪くなることが多い
  • 胸脇が張ったような感覚がある
  • ゲップやおならが出やすい

などの特徴があります。

気滞タイプの人には、

気のめぐりを良くする漢方・・・大柴胡湯(だいさいことう)

ホルモンの分泌をよくする漢方・・・加味逍遙散(かみしょうようさん)

などが、代表的な漢方とされています。

3、気虚タイプ

気虚タイプの人は、季節問わず年中、風邪を引きやすく体力や栄養面が不足している傾向にあります。

  • 顔色、舌の色が白っぽい
  • 疲れやすい
  • 体力があまりない
  • 排便しても、残便感がありスッキリしない
  • 無理なダイエットをした、もしくはダイエット中

などの特徴があります。

気虚タイプの人には、

子供の体質改善や、妊娠中も使用できるとされている、下剤成分が入っていない漢方・・・小建中湯(しょうけんちゅうとう)

消化機能を促進し、胃腸を丈夫にする漢方・・・補中益気湯(ほちゅうえっきとう)

などが、代表的な漢方とされています。

4、血虚タイプ

血虚タイプの人は、血液や水分不足のために腸を潤せていない状態にあります。

  • 顔色や髪にツヤがない
  • 爪が割れやすい
  • コロコロ便
  • めまいや立ちくらみなどがよく起こる
  • 生理後や出産後

などの特徴があります。

血虚タイプの人には、

腸を潤す漢方・・・潤腸湯(じゅんちょうとう)

コロコロ便の習慣性の便秘を改善する漢方・・・麻子仁丸(ましにんがん)

などが、代表的な漢方とされています。

5、寒タイプ

寒タイプは、身体を温める機能が低下しています。

  • 生ものや、冷たいものが好き
  • 手足やお腹が冷えている
  • 下痢をするときも多い
  • 寒がり
  • 尿量が多く、トイレが近い
  • 舌には白い苔がついている

などの特徴があります。

寒タイプの人には、

繰り返す便秘と下痢を改善する漢方・・・桂枝加芍薬湯(けいしかしゃくやくとう)

身体を温めて、胃腸の働きを良くする漢方・・・人参湯(にんじんとう)

などが代表的とされています。

いかがでしたか?

当てはまるタイプは何でしたか?

便秘になりにくい生活習慣を

排便は、健康のバロメーターとも言われています。

排便は、体内の不要となった老廃物を外に出し、健康を保つ重要な役割を担っています。

慢性的な便秘は、食欲不振、腹痛、冷え、吐き気、頭痛などさまざまな体調不良を引きおそす原因となってしまいます。

そして、ストレスが多い生活、運動不足、栄養が偏っているなど日々の生活習慣が便秘の原因になっていたりもします。

他にも、排便を我慢してしまうなども便秘の原因になります。

便意を感じたら、トイレに行くようにしましょう。

また、規則正しい生活をし、排便リズムを整えることも大切です。

便秘が解消されて排便リズムが朝になると、気分の良い1日が始まりそうです。

便秘のストレスも解消されて、一石二鳥といったところでしょうか。

ストレスが多いと感じている人、便秘に悩んでいる人は、体質に合った漢方を服用するのも1つの方法ですが、根本的な日々の生活習慣を見直してみましょう。

こちらの記事もご覧下さい!

ストレスで便秘になるのは、なぜ?どうやって解消できるの?