アトピーの体質改善のために、普段の水にこだわっていますか?

アトピーでお困りの方へ。アトピーは、なかなか治りにくいと言われています。また、少し症状が改善したと思えば、また調子が悪くなる、炎症が出てくるなどの繰り返しを何度もしてしまう厄介な皮膚症状になります。アトピー肌の体質改善のために、普段の水にもこだわっていますか?飲料水はもちろんのこと、シャワーの水も重要です。

アトピーに良い水とは

アトピーで悩んでいる人は、水道水に含まれている塩素にも気をつけなければいけません。

アトピーは、現代病とも呼ばれているほど、アトピーに悩まされている方が多いということです。

アトピーの人は、普段の飲料水にもこだわっている人が多いです。

塩素が含まれている水道の水は極力飲まないようにして、ミネラルウオーターや水素水などを飲んでいる方が多いです。

水は、毎日飲んで、身体の中に取り入れるものになりますから、キレイな水を、そして、あなたの身体に合った水を選びましょう。

もちろん、飲みやすさも大切になります。

アトピーとは

子供のアトピー、大人のアトピー、最近はアトピーで悩んでいる方がたくさんいます。

アトピーとは、もともとアレルギーを起こしやすい体質の人や、皮膚のバリア機能が弱い人に多く見られる皮膚の炎症を伴う病気です。

アトピーの主な症状は

  • 湿疹
  • かゆみ

になります。そして、アトピーの症状は、良くなったり悪くなったりを繰り返しながら、なかなか治らないことが特徴です。

アトピーは、再発しやすく、慢性的になりやすい病気になります。一般的に、6カ月以上(乳幼児では2カ月以上)続くと慢性と判断されています。

アトピーは、子供も大人もかかりやすい病気です。子供の頃は、何もなかったのに、大人になってから発症する人も多いです。

アトピーの体験談

実際、私は、30歳を過ぎてから、初めてアトピーを経験しました。

小学生の頃に、アトピーの友達がいて、その子は、いつも皮膚が真っ赤でかさかさで、かゆみがありポリポリと皮膚をかいていました。

それを見て、子供ながらに、なんてかわいそうなんだろうと感じていました。

子供の頃、私はアトピーになったことがなかったので、私はアトピーになることはないだろうと思っていました。しかし、そんな私にもアトピーの症状が出はじめたのです。

症状の始まりは痒みでした。もともとストレスなどを感じると蕁麻疹が出やすい体質だったので、初めのうちは蕁麻疹だと思って過ごしていました。

私の場合は、手の部分、特に肘の内側や上腕の外側の症状がひどかったです。

しかし、なんだか蕁麻疹とは違うな〜蕁麻疹のような膨疹、蚊に刺されたようなプクッと膨らむような症状がないな〜と感じていました。

そこで、認めたくなかったのですが、かゆみと湿疹の様子がアトピーの症状と一緒だったのです。ちょうど、留学中であって、いろいろなストレスがあったのは確かです。

それからは、水をミネラルウォーターに変えたり、肌の保湿をこまめにしたり、抗ヒスタミン剤を飲んだりなど、いろいろしましたが、症状が完治することはありませんでした。

その後、どうなったかというとアトピーの症状が出始めてから、約1か月後に、日本への一時帰国が決まっていたのがラッキーでした。

日本に一時帰国している間にアトピーの症状は自然と無くなっていきました。

おそらく、原因は、過度のストレスだろうと思っています。

友達も同じように留学中にアトピーに悩まされていました。その方のアトピーの症状は頭皮でした。頭皮が痒くて、痒くて仕方がないと言っていました。フケのように、頭皮が剥がれ落ちてくるとも言っていました。

その方も、日本への一時帰国をしている間は、アトピーの症状は治まったそうです。

そして、一時帰国が終わってから、元の生活に戻るとまたアトピーの症状が出てきたので、原因は、ストレスだと気がついたそうです。

アトピーの原因は、自分自身では気がついていないストレスであることが多いと思います。

できる範囲で、普段からストレス対策を行っていきましょう!

アトピー肌を体質改善させるには

アトピー肌を体質改善させるためには、

  1. ストレス対策
  2. 肌の保湿をこまめに行う
  3. 自分の体質に合った水を飲む
  4. 自分の体質に合った水を使う
  5. 規則正しい食生活にする

この5つがポイントになります。

体質改善には、時間がかかりますが、体質を改善できる日は来ますので、ゆっくり取り組んでいきましょう。

体質改善できる日がいつかは、断言できません。なぜなら、アトピーの原因は人によって違うからです。

ハウスダストが原因の人は、部屋をきれいにして、空気清浄機を使うなどすると、症状がみるみるうちに良くなったという人もいます。

ストレスが原因の人は、生活環境の変化とともに、症状が良くなり、知らないうちに体質改善していたという人もいます。

体質を改善するというのは、個人差が非常に大きいということを覚えておきましょう。

それでは、アトピー肌の体質改善について見ていきましょう!

1、ストレス対策

アトピーの体質改善のために、欠かせないのがストレス対策です。

会社や家庭、学校、人間関係のストレスから逃れることは難しいのが現実ですが、普段からしっかりとストレス対策しておきましょう。

ストレスがたまってくると、免疫力を低下させてしまい、アトピー症状を悪化させてしまいます。

ストレスに強い体質になれるように、体質改善していきましょう。

また、ストレスは自律神経とも深く関わっていますので、興味のある方はこちらもご覧下さい!

自律神経を整える生活について〜ストレス対策出来ていますか?〜

2、肌の保湿をこまめに行う

体質改善のためにも、アトピー症状の予防や緩和のためにも、肌の保湿はこまめに行いましょう。

カサカサの乾燥肌は、皮膚もダメージを受けやすいです。こまめに、ローションやクリームを塗って、肌に潤いを与えてあげましょう。

特にお風呂上がりは、保湿に最適の時間ですので、すばやく保湿しましょう。普段の保湿ケアも体質改善に効果があります。

3、自分の体質に合った水を飲む

体質改善したければ、良質のを飲みましょうとよく言われています。水にも、硬水や軟水、水素水、ミネラル水などたくさんの種類があります。

一時期、硬水がダイエットに良いと言われていましたが、硬水は日本人の体質に合っていないことが多いです。

どの水が自分に合っているかわからない人は、とりあえず、自分に合った水を探して飲んでみましょう。普段の水にも、こだわってみましょう。

体調が悪くなったり、飲み心地が良くないなと感じた水は辞めて、飲み心地が良いと感じる水を毎日飲むようにしましょう。

4、自分の体質に合った水を使う

体質改善の期間は、飲料水だけではなく、ご飯を炊く水や料理に使う水も変えていきましょう。

自分の体質に合った水を生活により多く取り入れることで、体質改善の効果がさらに期待できます。

アトピーの人は、シャワーの水にも気を付けましょう。私の友人は、長年アトピーに悩まされていましたが、シャワーの水を、バスルーム浄水器を購入して、使用して症状が改善しました。

「シャワーの後の肌が今までとは違う」と言っています。入浴は、全身に水が触れますから、症状がひどく悩んでいる人は、シャワーの水を変えてみるのも1つの方法です。

5、規則正しい食生活にする

体質改善のためには、規則正しい食生活も欠かせません。

  1. 栄養バランスの良い食事
  2. 適度な運動
  3. 早寝早起きの習慣

体質改善のために、いくら良質であなたに合った水を飲んでも、ファーストフードやお菓子ばかり食べる生活をしていては、体質を改善出来る日は遠ざかっていくでしょう。

体質改善のために、最低上記の3つは毎日、意識して過ごすようにしましょう。

体質改善におすすめの水!

体質改善のために、おすすめの水は、水素水とアルソア水になります。

水素水

今、世界的にも注目されているのが水素水になります。病気の原因の90%は活性酵素と言われています。

水素水はその活性酵素を消去する働きがあり、医療、美容、疲労回復、体質改善などに効果的です。

水素水には、炎症やアレルギーを抑える効果もあり、アトピー性皮膚炎の体質改善に適しています。

アルソア水

これは個人的な意見になりますが、アルソア水もアトピー肌の人に効果があります。

アルソア水には、たくさんのミネラル成分が含まれています。

水素水は、金額も高かったりして、飲み続けることが難しい時もありますが、アルソア水は、約5000円くらいで、1年間飲み続けられますので、お財布にも身体にも優しいです。

興味のある方は、体質改善に、アルソア水も一度お試しください。

こちらの記事もご覧下さい!

水を飲んで、体質改善したいけど、どれくらいの期間が必要なの?